暮らす・働く

フィットネスで「神戸マラソン」に向けたトレーニング企画-コース試走も

NPO法人ランナーズクラブ「Souto(ソウト)」の石本さん(左下)と参加者の皆さん

NPO法人ランナーズクラブ「Souto(ソウト)」の石本さん(左下)と参加者の皆さん

  •  

 11月20日に開催する「第1回神戸マラソン」に向けた期間限定のトレーニング企画が現在、「神戸サウナ&スパ」(神戸市中央区下山手通2)4階フィットネスフロア(TEL 078-322-1164)とNPO法人ランナーズクラブ「Souto(ソウト)」のコラボレーションにより実施されている。

「神戸サウナ&スパ」4階フィットネスフロアのサウナ

 5月1日から、ランニングを楽しむ人に向けたサービス「ランニングサポートプラン」 の提供を始めた同施設。「ランナーズステーション」としてロッカールーム、ストレッチルーム、シャワー、サウナが利用できる。

[広告]

 神戸フィットネス&スパ担当責任者の森史康さんは「神戸マラソンを盛り上げることができないかと考え、このサービスを立ち上げた。マラソンに出る人も、出ない人もこの機会にぜひ活用していただきたい。このサービスは大会が終わった後も継続を予定している」と話す。

 コラボ企画では今月1日から神戸マラソン直前の17日までの期間、同クラブ代表でパーソナル・ランニングトレーナーの石本文人さんによる「マンツーマントレーニング」を行う。マラソン経験のない初心者に向けてランニング、体操、ストレッチの基礎・基本を中心に「楽しく走ること」を目的として指導するという。ランニングは同施設からメリケンパークまでの約5キロを往復。参加費は3,500円(所要時間60~90分、同施設利用料・指導料込み)。

 11月3日には、番外企画として神戸マラソンのスタジオ解説者も務めるという石本さんの指導の下、コース試走を実施。参加者はスタート地点となる神戸市役所前に集合し、同施設のストレッチルームで準備体操を行った後、明石海峡大橋たもと(県立舞子公園付近)の折り返し地点までの約20キロを完走した。

 石本さんは「コース前半は小さなアップダウンが多く道幅が狭いところがあるのでペース配分に注意が必要。後半のアップダウンは勝負どころ」とアドバイスする。「当日は楽しんで走ってもらいたい」とも。番外企画に参加した人は「イーブンペースで走ると楽だということが分かりいい経験になった。神戸マラソンに向けてモチベーションも上がった」と意気込みを見せた。

 同施設の同フロア営業時間は11時~23時(日曜・祝日=9時~21時)。サービス使用料は、ビジター=1回700円(バスタオル、フェイスタオルの無料レンタルあり)、会員=月会費3,500円(入会金2,500円)。ウエア一式レンタル=500円。11月20日のマラソン当日は使用不可。現在、同施設では神戸マラソン参加当選者1日先着5人限定で施設利用料が無料となるキャンペーンを行っている。11月19日まで。