プレスリリース

世界最大の芸術祭"エディンバラ・フェスティバル・フリンジ"で衝撃を与えた作品『Layers』が神戸にやってくる!

リリース発行企業:ロングランプランニング株式会社

情報提供:

西神中央ホール主催、『Layers』が2024年5月18日 (土)に西神中央ホール(兵庫県神戸市西区美賀多台1丁目1-1なでしこ芸術文化センター内)にて上演されます。 チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 大剛)にて4月2日(火)20:00より一般販売開始です。


カンフェティにて4月2日(火)20:00より一般販売開始
https://www.confetti-web.com/layers
公式ホームページ
https://seishin-hall.jp/





認知症になった父親とその家族のある日の10分
ゆっくりと紡がれるコトバのかけら
演劇と映像を何層にも重ねた先にみえるリアルと忘却のドキュメンタリー

演劇ユニット「doublet」による、一人芝居と映像を組み合わせた英語劇『Layers』を特別上演。出演者による英語ワークショップ「ぷれいご」と合わせて、ぜひ体験してください。
*英語での上演作品です。日本語字幕はありませんが、視覚でも楽しんでいただける作品です。

あらすじ
Layersは、ある家族の1日の10分間を描いた独り芝居。
繰り返し映し出される映像と登場人物が交差する。
家族だから言えること。家族だから言えないこと。
不器用な家族の絆を解体し再構築することで、浮かび上がる新たな視点とは。

見どころ
2023年エディンバラ・フェスティバル・フリンジで、「革新的技術が理解への最大の助けとなることを証明した、真に喚起的で破壊的な芸術作品(British Theatre Guide)」、「Layersは容赦なく進行する病を劇的な手法で表現する革新的な作品である(The Scotsman)」と評された、新進気鋭の演劇が神戸に登場!一人芝居と映像を組み合わせた英語劇をどうぞお見逃しなく!

過去公演より

英語ワークショップ「ぷれいご」
えいごでおしばい、英語コンプレックスをアソビながら無くす英語と演劇の複合ワークショップ。英語学校でも、通信教室でもない。ひとつの舞台作品を創りながら、英語に触れ、コトバでアソブ。リアルな日常のやりとりを英語で吸収、その場で使う。気が付いたら英語に慣れている参加型シアター。

講師:石曽根有也(doublet)・Maddy(doublet)
日時:2024年5月18日(土) 12:30開場/13:00開演
会場:西神中央ホール 2Fスタジオ1
対象:高校生以上
参加費:<WS(ワークショップ)+鑑賞セット券>2,500円(税込)
お申込方法:
*西神中央ホールオンラインチケット https://p-ticket.jp/seishin/guide/
*西神中央ホール電話予約 TEL 078-995-5638(10:00~20:00)


プロフィール


doublet(ドゥブレ)
2014年に脚本・演出家の石曽根とプロデューサー・翻訳家のMaddyが毎年8月にスコットランドで開催される世界最大の演劇祭「Edinburgh Festival Fringe」で作品を発表。以降、毎年イギリスで作品を上演するほか、国内でもワークショップや映像制作などさまざまな創作を行う。




公演概要


『Layers』
公演日程:2024年5月18日 (土)
会場:西神中央ホール(兵庫県神戸市西区美賀多台1丁目1-1なでしこ芸術文化センター内)

■出演者
石曽根有也(doublet)

■公演スケジュール
2024年5月18日 (土)16:30 開場/17:00 開演

■チケット料金
WS(ワークショップ+鑑賞セット券:2,500円
鑑賞券:1,500円
(全席指定・税込)

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース