プレスリリース

公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団 2024年度大学院生奨学金(給付型)募集を開始しました(6月10日まで)

リリース発行企業:公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団

情報提供:

公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団 2024(令和6)年度 大学院生奨学金 募集のお知らせ BME (Bio Medical Engineering)分野における研究・開発に対する表彰及び助成、将来の科学・技術を担う人材の育成など、幅広い助成事業を展開している公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団(東京都品川区/代表理事:家次 恒、以下「中谷財団」)は、2024(令和6)年度の大学院生奨学金の奨学生(第8期生)募集を4月1日から開始したのでお知らせします。 中谷財団は、2017年度から「医工計測技術および関連分野」で博士号取得を目指す日本の大学院生に対し、博士前期(修士)課程~博士後期(博士)課程を通して、返済不要な奨学金を給付してきました。 今年、財団設立40周年を迎え、対象分野を「BME (Bio Medical Engineering) 分野 ~生命科学と理工学の融合境界領域~ 」に拡大して、2024(令和6)年度の大学院生奨学金奨学生(第8期生)募集を開始しました。 応募期間:4月1日~6月10日


報道関係者 各位
                             東京都品川区大崎一丁目2番2号
                             アートヴィレッジ大崎セントラルタワー8階
                               公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団
                               事務局長 松森 信宏

2024年度 中谷財団 大学院生奨学金 募集のお知らせ

公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団(以下、中谷財団)は、1984年の設立以来、40年に亘り研究助成事業、表彰事業を行ってきました。2017年からは、研究者を目指す大学院生に対する奨学金給付事業を開始し、大学院博士課程の奨学生を支援しています。
この度、2024(令和6)年度 大学院生奨学金の奨学生(第8期生)募集を開始したので、お知らせいたします。
                                         
 中谷財団はシスメックス株式会社創立者の故中谷太郎初代理事長が1984(昭和59)年4月に設立、2012(平成24)年4月1日から公益財団法人に移行、表彰事業をはじめ、研究助成、交流助成、科学教育振興助成などの事業を展開し、研究者への助成に加えて、小中高校生の科学教育振興に対する助成、理系大学生の国際交流に対する助成など、幅広い支援を行っています。
中谷財団では、2017年度から研究者を目指す大学院生を応援するため、奨学金給付事業を開始しています。
今般、2024年度の大学院生奨学金の奨学生(第8期生)募集を開始いたしました。
なお、財団設立40周年を機に、奨学生の対象分野を「医工計測および関連技術分野」から、「BME(Bio Medical Engineering)分野」に拡大しています。
 
                         記
1.大学院生奨学金
BME(Bio Medical Engineering)分野 ~生命科学と理工学の融合境界領域~ で博士号取得を目指す日本の大学院生に、博士前期課程、後期課程を通して、返済不要の奨学金を給付します。
 ・博士前期(修士)課程 12万円/月
 ・博士後期(博士)課程 20万円/月(最大)
(例:学部4年生で応募・採択の場合、博士前期課程2年と博士後期課程3年では5年間総額1,008万円を給付)
 奨学生OB/OGを含む交流会、施設見学会、情報提供などにより、奨学生を継続して支援します。

2.応募方法
当財団Webサイトにより本人から応募いただきます。
応募期間 2024年4月1日~6月10日15時
審査方法 審査委員会による一次(書面)審査、二次(面接)審査
採択者数 12名程度
採択通知 10月上旬予定

・財団Webサイト https://www.nakatani-foundation.jp/
・奨学金事業ページ https://www.nakatani-foundation.jp/business/scholarship/
・奨学金チラシ https://storage.nakatani-foundation.jp/main/p/uploads/scholarship_pnf_2024.pdf


■BME (Bio Medical Engineering) 分野 ~生命科学と理工学の融合境界領域~
・医療や人々の健康に貢献しうる独創的でイノベーティブなアプローチをおこなう研究を対象とします。
・BMEを補足する言葉として、「生命科学と理工学の融合境界領域」と付記しました。生物学、医学等を生命科学とし、物理学や化学等の応用を工学としたうえで数学やAIなど情報科学も含むことを明確にする意味で工に理を加えて理工学とし、それらが連携した研究領域が対象であることを示す融合境界領域という言葉で表現しました。
・医療の発展や健康の増進を見据えた幅広い研究分野において、基礎から応用まで広く対象とします。

■公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団 概要
中谷財団は、神戸に本拠を置く臨床検査機器・試薬メーカーであるシスメックス株式会社の創業者・故中谷太郎により1984年(昭和59年)「中谷電子計測技術振興財団」として設立されました。その意思を継いだ子息の中谷正の遺贈を受け、2012年(平成24年)に大きな事業が行える財団へと生まれ変わり、同年には公益財団法人に移行し、現在の財団名となりました。
当財団は、BME(Bio Medical Engineering)分野 ~生命科学と理工学の融合境界領域~(以下、BME分野)における研究・開発に対する表彰及び助成を行い、BME分野の研究・開発の発展を図ること、加えて将来の科学・技術を担う人材の育成を図るため青少年に対する奨学、教育振興を行うことで、我が国及び国際社会の発展並びに生活の向上に寄与することを目的としています。2024年創立40周年を記念し、新たな学術賞として「神戸賞」を創設しています。
名 称:公益財団法人 中谷医工計測技術振興財団
英 名:Nakatani Foundation for Advancement of Measuring Technologies in Biomedical Engineering
設 立:1984年(昭和59年) 4月
所在地:〒141-0032 東京都品川区大崎1-2-2 アートヴィレッジ大崎セントラルタワー8F
事 業:表彰事業、助成事業、情報の収集及び提供事業
W E B:https://www.nakatani-foundation.jp/
中谷財団ロゴ

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース