プレスリリース

ロボットプログラミングの国際大会WROに日本代表としてロボットプログラミング教室「ロボ団」のチームが3年連続で選出!

リリース発行企業:夢見る株式会社

情報提供:

夢見る株式会社(大阪府堺市、代表取締役:重見彰則)が全国120教室展開するロボットプログラミング教室「ロボ団」のチームが、WRO JAPAN 2021で優勝し、ロボ団のチームとして3年連続でWRO国際大会(オンライン開催)の日本代表に選出されました! ※WRO(World Robot Olympiad)は世界75以上の国と地域で8万人以上の小中高校生が参加する、自律型ロボットによる国際的なロボット競技会です。世界中の子どもたちが各々のロボットを製作し、プログラムにより自動制御する技術を競います。


2021年10月3日(日)にオンライン開催で行なわれたWRO Japan 2021決勝大会に、ロボ団のチームがレギュラーカテゴリ全4部門に出場しました。
※今年で18回目となるWRO Japan 2021には全国37地区から5,000人を超える子どもたちが参加



【WRO Japan 2021 決勝大会 競技結果】
▼ミドル競技 ジュニア部門
優勝(高崎校)
▼ミドル競技 エレメンタリー部門:
優勝/プレゼンテーション部門(茅野校 ※ダブル受賞)
3位入賞(神戸岡本校)
▼エキスパート競技 ジュニア部門
優勝/プレゼンテーション部門(藤が丘校 ※ダブル受賞)

全3部門で計4チームが入賞し、この内、エキスパート競技 ジュニア部門で優勝した1チームが日本代表として、11月18日(木)~21日(日)にオンラインにて行なわれるWRO国際大会に出場します。WRO国際大会の日本代表への選出はロボ団のチームとして3年連続という快挙を果たしました。

??????????????????????????????????????????????????

【WRO 2021国際大会 開催概要】
昨年度のWRO 2020は新型コロナウイルス感染拡大の影響で国際大会が中止となりましたが、今年度のWRO 2021はオンラインの国際大会として開催されます。

<日程>
2021年11月18日(木)~21日(日)

<会場>
オンライン開催
(新型コロナウイルス感染拡大の影響によりオンライン開催)

<主催>
World Robot Olympiad

<参加国(一部)>
カタール、UAE、サウジアラビア、イラク、インド、 シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、台湾、 日本、米国、カナダ、ブラジル、メキシコ、南アフリカ、 デンマーク、イタリア、スペイン、ドイツなど

≪参考≫
ロボットプログラミング教室「ロボ団」
「好きを学びに 社会とつながる」ことを大切にして、全国115教室(総通学生数4,000人以上)を展開しているロボットプログラミング教室です。算数や理科を同時に学べるカリキュラムと、身の回りにあるプログラミング技術をテーマとした授業内容で、論理的思考力やコミュニケーション能力をはじめとする、将来社会で必要とされる力が身につく環境を用意しています。また、近畿日本鉄道やJAXAとの連携による教材の開発プロジェクトなど、子どもたちが社会をより身近に感じ、世の中の仕組みが理解できる取り組みを行なっています。
※Webサイト:https://robo-done.com/

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース