暮らす・働く

神戸・磯上にシェアオフィス-地元クリエーターや女性ターゲットに

会員の交流の場となるソファー席

会員の交流の場となるソファー席

  •  
  •  

 OA機器販売・企画を手掛ける六甲商会(神戸市中央区磯上通6)が6月20日、自社ビル6階にシェアオフィス&コワーキング「coloco(コロコ)」(同)をオープンした。

オープンフリースペースは白と木目が基調

 個人専用ブースにコワーキングスペースも備えた同施設。白と木目を基調とした約100平方メートルのオフィス内には、扉のある専用ブースが3席、扉のない専用ブースが6席、フリーのコワーキングスペース14席に加えて自由に利用できるソファ席7席を設ける。完全個室のミーティングスペースやプロジェクター・複合機の使用など一部有料でオプションも用意する。

[広告]

 新規会員の獲得や会員同士のマッチング対策として、セミナーの開催も視野に入れる。第1回はホームページ作成ツール「Jimdo」に関するセミナーを7月に開催する予定。

 同社の和田要社長が「取引先とのビジネスマッチングの場、起業したい人と交流ができる場を設けたい。神戸の地域活性化の原動力になれば」との思いで開いた同スペース。入会する際には和田社長の面接を受ける。「半年に1度は会員が和田社長を囲み、気軽に意見交換できるような場を設けたい」(同社管理部総務課長の田中正憲さん)。

 運営支援に当たるリーフクリエーション(雲井通5)の森下政人社長は「神戸のクリエーターや女性を意識して作ったオフィス。自宅でネットビジネスやネットショップをやっている方にもぜひご利用いただければ」と話す。オフィスのデザインを手掛けたプレスケープ(花隈町)の石川仁生さんは「使っていく方々がもっと魅力的なものにしていけるようなオフィスにしたい。ルールも一緒に作っていけたら」と話す。

 月額1万,500円~。金額やオプションの詳細は同オフィスホームページで確認できる。