食べる

神戸流「ロティ」専門店が移転リニューアル-物販強化で厨房設備拡充

店主・松竹新吾さんの妻・勝代さん

店主・松竹新吾さんの妻・勝代さん

  • 0

  •  

 神戸・北野に2月10日、タイやマレーシアなどで食べられるパン「ロティ」の専門店「Roty's Roty(ロティズロティ)」(神戸市中央区山本通1、TEL 078-272-0820)が「神戸北野本店」として移転リニューアルオープンした。

「イチゴのフレンチロティ」

[広告]

 マレーシア発祥でアジアでは人気のパン「ロティ」を国産の原料にこだわり神戸流にアレンジして提供する同店。移転後は、関東進出や物販の強化、ネット販売に向けて厨房設備の拡充を図り、ロティを「神戸北野ブランド」として全国に売り出すための拠点とする。今月4日には2店舗目となる「六甲道店」(灘区)もオープンしている。

 店舗面積は20坪で、席数はテーブル9席、ソファ10席、カウンター3席。店内は北野らしく異国情緒あふれるゆったりと落ち着いた空間を演出。移転後はカフェ営業(テークアウト可)となり、最大22人までの貸し切りにも対応する。

 メニューは、オリジナルの「神戸ダマンドロティ(アーモンド風味)」「神戸モカロティ」(230円)、新発売の「ロティズモカラスク」(380円)をはじめ、「イチゴのフレンチロティ」(980円)、「チョコバナナのフレンチロティ」(720円)、「ティラミス風フレンチロティ」(800円)、「チーズフォンデュロティ」(1,100円)、「ロティズピザ」(500円)などを用意。ドリンクはロティの甘みに合う苦みのきいたブレンドコーヒー(380円)、各種フレーバーカフェラテ(450円~)、各種イタリアンソーダ、スペシャルドリンク(500円~)などをそろえる。

 店主の松竹新吾さんは「新発売のモカラスクはロティで作るのでサクサクと軽く、今までのラスクにはない優しい食感に仕上がっていて好評。ドリンクも神戸の海・山・空をイメージした青色3種と、『Roty's』ロゴのピンク3種が新登場しているので、ぜひ神戸・北野発のスイーツ&クールを楽しんでいただければ」と笑顔で話す。「関東でも受け入れてもらえるよう努力していきたい」とも。

 営業時間は11時~20時。金曜定休。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース