食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

神戸・地下鉄海岸線沿線でバル開催へ 17店参加、アーティストライブも

バルのポスターとラジオ関西本社営業部の高山典佳さん

バルのポスターとラジオ関西本社営業部の高山典佳さん

  •  

 神戸市営地下鉄海岸線沿線エリアで6月19日~20日の2日間、バルイベント「KOBE海岸線バル」が初開催される。主催はラジオ関西(神戸市中央区川崎町1)。

 神戸の市街地西部地域(兵庫区南部・長田区南部)の活性化や地下鉄海岸線の乗客増を図るため、神戸市が2014年4月に立ち上げた「地下鉄海岸線・市街地西部活性化プロジェクト」候補事業の一つとして、ラジオ関西が提案した同イベント。「いつもは通り過ぎてしまう駅近くの隠れた名店や、地元っこしか知らないおすすめの店を知ってもらおう」と、編成営業極営業部の萩尾聡さんが中心となり企画した。飲食店17店が参加するほか、ラジオ関西の音楽番組「CRKミュージックヘッズ」のメンバーが店内で生ライブを披露する。

[広告]

 参加者は3枚つづりのバルチケットを購入し、各店でチケット1枚につき料理1品とワンドリンクに交換する仕組み。前売り・当日=2,500円。参加各店で販売するほか、開催当日に地下鉄海岸線主要駅(三宮・花時計前駅、ハーバーランド駅、新長田駅)の改札口付近に設置する特設ブースでも扱う。

 当日特設ブースに立つ予定の神戸市交通局営業推進部の岸雅之さんは「地下鉄海岸線の良さ・魅力を知っていただき、ぜひ何度もお越しいただければ」と話す。ラジオ関西の萩尾さんも「今回のバルイベントを通じて、地下鉄海岸線の乗客増・市街地西部地域のさらなる活性の一助になれば」と意気込む。