天気予報

34

27

みん経トピックス

神戸で日活ロマンポルノ新作神戸で「帝王切開講座」

神戸のプロボクサー2人、世界タイトルマッチへ 前哨戦に勝利で

  • 0
神戸のプロボクサー2人、世界タイトルマッチへ 前哨戦に勝利で

世界タイトルマッチ前哨戦を勝利で飾った真正ボクシングジム所属の山中竜也選手

写真を拡大 地図を拡大

 神戸市立中央体育館(神戸市中央区楠町4)で3月12日、今年初の関西興行となる「REAL SPIRITS vol.51」が行われ、WBO世界ミニマム級3位のプロボクサー・山中竜也選手が世界タイトルマッチ前哨戦に勝利した。

世界タイトルへ挑む久保隼選手と山中竜也選手

 真正ボクシングジム(兵庫区西多聞通2)所属の山中選手は、大阪府堺市出身で1995年生まれの21歳。ボクシングを題材とした森川ジョージさんによる漫画作品「はじめの一歩」に影響を受け12歳でボクシングを始め、2012年に同ジムよりプロデビューした。今回までの戦績は16戦14勝2敗(4KO)。

 昨年11月11日に行われたOPBF東洋太平洋ミニマム級王座決定戦で、当時同級1位で元WBO世界ミニマム級王者でもあるメルリト・サビーリョ選手(フィリピン)に判定3-0で完勝し、初タイトル戦で初の王座を獲得した山中選手。すでにOPBFのタイトルは返上し、今回の前哨戦に挑んだ。

 対戦相手は、カノンメック・シットクルコン選手(タイ)。山中選手は1ラウンドからボディーブローをヒットさせ、1分39秒でKO勝ちした。

 山中選手は、同ジムの第42代OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王者・久保隼選手が期待している後輩の一人。久保選手は4月9日、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)でWBA世界同級王者ネオマール・セルメニョ選手(ベネズエラ)との「WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ」が決まっており、一足先に初の世界へ挑む。

 山中選手は「久保さんが必ず世界タイトルを取ってくれると思うので、僕もそれに続こうと思っている」と意気込みを見せた。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング