食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

神戸・旧居留地でナイトマーケット 歩行者天国で多彩な催し

昨年11月25日に初めて開催された「旧居留地 Night Market(ナイトマーケット)」の様子

昨年11月25日に初めて開催された「旧居留地 Night Market(ナイトマーケット)」の様子

  •  

 神戸・旧居留地(神戸市中央区明石町)で3月31日、夜の野外マーケット「旧居留地 Night Market(ナイトマーケット)」が開かれる。主催は「旧居留地フリーウォーク実行委員会」。

昨年開催の様子

 昨年11月25日、初めて大丸神戸店東側の通りを21時まで歩行者天国する同イベントを開催。主催者の予想を超える人が来場し、開始から1時間でフードブースの一部の料理が売り切れるほど多くの関心を集めるイベントとなった。「次回は訪れたい」という声も多く、第2回となる今回の開催を決めた。

[広告]

 地元のおいしい料理や食材などが集まるマルシェを神戸にも作ろうと地元の店が集まり、2006年10月1日から始まった「神戸マルシェ」のメンバーを中心にフードブースを展開。4月8日に神戸文化ホール中ホールと神戸市立中央体育館前広場で開催される「KOBE JAZZ DAY 2018」(「ジャズの街神戸」推進協議会主催)出演予定者によるライブなども行う。

 今回は大丸神戸店東側だけでなく大丸南側の通りまで拡張して、アート中心のエリアも新設。インディペンデントブックストア(チェーン店ではない独立系書店)による夜書店やビスポーク(職人)のブースも並ぶ。子ども連れでも安心して来場できるようファミリースペースも設け、子ども向けワークショップを行う。

 同イベント企画とPRに関わる濱章浩さん(「神戸デザインセンター」代表)は「新しく拡張した南側道路では、クリエーターによる食材やキッチンの材料を用いた大丸壁面への映像のアートパフォーマンスを予定している。アートの要素を取り入れた、食、音楽、ものづくりなど、盛りだくさんの春の爽やかな夜のマルシェへお越しいただければ」と呼び掛ける。

 開催時間は17時~21時。