見る・遊ぶ 暮らす・働く

神戸出身・のはしたろう選手が凱旋大会 「みちのくプロレス」25周年記念で

神戸に訪れた「みちのくプロレス」のはしたろう選手

神戸に訪れた「みちのくプロレス」のはしたろう選手

  •  

 新神戸の「神戸芸術センター 芸術劇場」(神戸市中央区熊内橋通7)で9月9日、「みちのくプロレス旗揚げ25周年記念神戸大会~神戸市垂水区出身のはしたろう凱旋(がいせん)SP~」が開催される。

昨年9月神戸凱旋大会の記念撮影

 岩手県を拠点に活動する「みちのくプロレス」(岩手県滝沢市)所属で神戸市垂水区出身のプロレスラー・のはしたろう(本名=野橋太郎)選手。身長159センチで「元祖・日本最小プロレスラー」をキャッチコピーに活躍し、フジテレビ系の番組「めちゃ×2イケてるッ!」のプロレス修業企画に出演したことでも知られている。

[広告]

 のはし選手は、小学6年生のころに自宅で阪神・淡路大震災を経験し、東日本大震災発生時は盛岡市内で仕事をしており、2つの大震災を経験。神戸で被災した際はプロレスが心の支えだったというのはし選手は、東日本大震災の復興支援にも力を入れ、被災者を元気づけている。

 2013年3月には、自身のデビュー10周年記念の神戸大会を開催。2014年6月は垂水区内で、2016年6月と昨年9月にも神戸凱旋(がいせん)大会を自身主催で実現し成功を収めた。同ホールでは初となる同大会。これまでボクシングの大会は行われていたが、プロレスは初めてだという。

 のはし選手の対戦カードは未定だが、ザ・グレート・サスケ選手、新崎人生選手、スペル・デルフィン選手、気仙沼二郎選手、GAINA選手の参戦が決定している。8月初旬には全対戦カードが決まる予定。

 のはし選手は「みちのくプロレスにはとても恩義を感じており、旗揚げ25周年を記念した大会を各地で行う計画を立てる中で地元神戸での開催を提案した。2013年から2015年以外はほぼ毎年神戸で大会を開くことができ、自分の中では年1回神戸で行うことをルーティーンにしたいと考えている」と話す。「最初に行った神戸大会から営業で店や企業を回らせていただき、横のつながりが広がっていった。協力してくださる方も増え、おかげさまで継続開催に至っている」とも。

 開催時間は13時~。前売り券は、スペシャルシート(最前列、DVD&記念品付き)=8,000円(残りわずか)、特別リングサイド=6,000円、指定席A=5,000円、指定席B=4,800円、一般自由席・立ち見=4,500円、小中高生自由席・立ち見=1,000円。当日券は各500円増し。問い合わせは「みちのくプロレス」(TEL 019-687-2431)まで。