食べる

神戸・西元町にある通称・パクチー酒場「花吉」が5周年

「元町通5丁目酒場 花吉(ハナキチ)」店主の大西紀之さん

「元町通5丁目酒場 花吉(ハナキチ)」店主の大西紀之さん

  •  
  •  

 神戸・西元町の大西ビル1階にある居酒屋「元町通5丁目酒場 花吉(ハナキチ)」(神戸市中央区元町通5、TEL 078-362-0025)が3月13日、オープン5周年を迎えた。

あらゆる料理にパクチートッピング

 店主の大西紀之さんは30年前に飲食業界に入り、20年前に独立し三宮に1号店を出店。現在は、三宮・元町エリアで「ハネハネ居酒屋 のり吉くん」「ハネハネ ワイン酒場 まもるくん」「ハナキチルーム」など居酒屋5店舗を経営している。

[広告]

 パクチーを使ったオリジナルメニューが30種以上あることから、「パクチー酒場」「神戸パクチー研究所」などとも呼ばれている同店。大西さんは「もともとは普通が一番好きで、店をオープンした時には特にコンセプトなども掲げていなかった。グループ店も従業員に任せることで自然と個性が出てくる。花吉については、パクチーブームに乗っかってみたら、お客さんからの要望でどんどんメニューが増えていった。最近はパクチーが意外とどんな料理にも合うということも分かってきた」と明かす。

 店舗面積は約10坪。席数は、テーブル席20席、カウンター席6席で、最大26人の貸し切り利用にも対応する。カウンター席には、パクチーの根っこを漬け込んだラム酒、ウイスキー、梅酒、焼酎、テキーラなどが入ったフィドジャーが並ぶ。頭上に飾る大きな黒板には細かく料理名が書かれており、一見メニューのように見えるが実は文字は単なる模様。大西さんは「よく見るとパクチーという大きな文字が隠れており、この黒板がお客さんとの会話のきっかけになることもある」とほほ笑む。

 人気メニューは、塩こうじで漬け込んだ「名物 鶏の唐揚げ(オリジナル赤スパイス)」(1個180円)、「パクチー花吉焼き」(800円)、「パクチーボンバーサラダ」(890円)、「パクチー水餃子」(1個150円)、トッピング用の「バケツdeパクチー」(400円)など。飲み放題付きパクチーコース(2時間=3,500円、3時間=4,500円)、飲み放題付き通常宴会コース(2時間30分=3,500円、3時間=4,000円)なども用意する。

 ドリンクは、「パク塩レモン酎ハイ」などのアルコール(450円~)、「パク塩レモンソーダ」などのノンアルコール(400円~)などをそろえる。

 パクチーが葉から根っこまで食べ放題で3時間飲み放題付きの「パクチー会」を3カ月ごとに開催。イベント限定コースを振る舞うほか、ゲームや景品なども用意し、パクチー好き以外の人も参加するほど人気があるという。

 大西さんは「一時期のパクチーブームは去ったように見えるが、パクチーの地位が向上して一般野菜として店頭に並ぶようになったということだと思う。今はパクチーが店の特徴になっているが、これからもアンテナを張ってお客さんの食べたいものを提供する店であり続けたい」と話す。

 営業時間は15時30分~22時(ラストオーダー)。

  • はてなブックマークに追加