学ぶ・知る

JR三ノ宮駅南側通路に都心・三宮の再整備PRコピー 神戸市民の作品掲示

JR三ノ宮駅中央改札口南側通路に掲示された「Rethink Creator Project 神戸特別版」受講生の作品

JR三ノ宮駅中央改札口南側通路に掲示された「Rethink Creator Project 神戸特別版」受講生の作品

  •  
  •  

 日本各地のクリエーターを発掘・育成するプロジェクト「Rethink Creator Project」の神戸セミナー受講生の作品が5月11日より、JR三ノ宮駅中央改札口南側通路に掲示されている。

 「日本たばこ産業(JT)」(東京都港区)協賛、クリエーターに新たな働き方を提案する「クリエイターズマッチ」(渋谷区)が神戸市と共催する同プロジェクトは2年目を迎え、3月9日の神戸開催を皮切りに全国24地域に規模を拡大して地域セミナーをスタート。「デザイン都市・神戸」をスローガンに掲げ、クリエーターの活動や場所を支援する神戸市が「クリエーターの地産地消による地域創生の実現」という2019年のプロジェクトコンセプトに共感したことから、共催が実現した。

[広告]

 神戸では「誰もがクリエーターになれるまち」を目指し、セミナーとデザイン講座を通して神戸からクリエーティブな人材を創出する独自プロジェクト「Rethink Creator Project 神戸特別版」の基礎講座も4月24日~5月31日に開催。デザイン制作(広告制作)の基本的な制作方法や考え方を簡単な画像制作やバナー広告などを題材にした課題制作と合わせて学習し、基礎的な技術と知識を身に付ける講座として展開している。

 同プロジェクトの都心・三宮の再整備に関するPRコピーを考えるワークショップからできた5作品は、約1年間の予定で掲示する。

 神戸市経済観光局の藤野秀敏さんは「市民の皆さんに参加していただき神戸の魅力を表現できたことはとてもうれしい。これからも皆さんの協力を得たこのような取り組みはさまざまな形で続けていきたい」と話す。

  • はてなブックマークに追加