見る・遊ぶ

シンガーRinanaさん、神戸でツアーファイナル 「民族ハッピー組」所属も発表

ワンマンツアーファイナルのフライヤーを持つシンガー・ソングライターRinanaさんこと「民族ハッピー組」の卯内里奈さん

ワンマンツアーファイナルのフライヤーを持つシンガー・ソングライターRinanaさんこと「民族ハッピー組」の卯内里奈さん

  •  
  •  

 シンガー・ソングライターRinanaさんのワンマンツアーファイナルが8月18日、神戸のライブハウス「CHICKEN GEORGE(チキンジョージ)」(神戸市中央区下山手通2、TEL 078-332-0146)で開催される。

新生ユニット「民族ハッピー組」

 自身初のワンマンライブツアー「Rinana’s STYLE TOUR 2019」を、今年2月17日の京都を皮切りにスタート。これまで大阪、名古屋、東京合わせて4会場で行われ、ツアーの締めくくりとなるファイナルは自身の地元・神戸で行う。17時開場、18時開演。チケットは、一般=2,500円、学生=1,000円(ドリンク代が別途必要)。

[広告]

 現在、Rinanaさんは神戸を拠点としてシンガー・ソングライターをメインに舞台俳優、ダンサー、ファッションモデル、企業のイメージキャラクターなどを務め、アパレルブランド「Runa!(ルナ)」のプロデュース、自身が主催する観覧無料のフェス「KOBEハーバーカーニバル(別名=ピンクフェス)」も手掛けるなど、マルチに活動している。

 2005(平成17)年、Rinanaさんが中学生の時にヴィジョンファクトリー所属の女子4人組ダンス&ボーカルユニット「HINOIチーム」のメンバーとしてエイベックスよりメジャーデビュー。解散後は地元でソロ活動に専念していたが、芸能事務所「松浦設備工業」の大石一尋社長からのオファーがあり今年7月6日に所属が決まった。

 同事務所所属の国内外で活動する個性派ユニット「演歌女子ルピナス組」(レーベルは日本コロンビア)が8月4日、東京でラストライブを行い、4年半慣れ親しんできたグループ名を「民族ハッピー組」に改名。Rinanaさんを本名の卯内里奈として新メンバーに迎えることも発表した。Rinanaさんは9月15日開催の主催フェス「KOBEハーバーカーニバル」など9月末まで神戸でソロ活動を続け、10月からは「民族ハッピー組」のメンバーとして活動するために上京する。

 今月8月3日に神戸・三宮のフードバー「Ageha Base(アゲハベース)」で行われたプチワンマン「Rinana組会」には大石社長がゲスト出演。ファンに向けてマネジメントの経緯や今後の活動の説明が行われ、質問コーナーも設けられた。

 ファンからは「いろいろと不安だったところがすっきりした」「期待感が増した。これからの活動が楽しみ」「これまで通りソロ活動も続けられて、関西でも会える機会が多いようで安心した」「大石社長が面白くて良い人で良かった。安心してRinanaを預けられる」などの感想が寄せられた。

 「演歌女子ルピナス組(8月4日からは民族ハッピー組)」は、2015(平成27)年2月に「演歌を世界へ」を合言葉に結成。4年間で世界8カ国、28公演を海外で行う。2017(平成29)年、インドネシアでメジャーデビュー。「演歌を世界へ」というミッションは4年半の活動で一定の成果を上げたことから、今後は「世界の全ての民族がハッピーになる活動を」合言葉に「民族ハッピー組」として活動する。

  • はてなブックマークに追加