食べる

神戸・三宮に「神戸牛丼 おくたに」 茶漬けスタイルで食べる神戸牛丼

「神戸牛丼 おくたに」の大塩悌(おおしおやすし)店長

「神戸牛丼 おくたに」の大塩悌(おおしおやすし)店長

  •  
  •  

 神戸牛を使った牛丼・牛まぶし丼の店「神戸牛丼 おくたに」(神戸市中央区北長狭通1、TEL 078-331-3550)が9月20日、神戸・三宮駅近くにオープンした。

茶漬けスタイルで食べる神戸牛丼

 店舗面積は8.2坪。席数は、カウンター7席、テーブル4席。全席禁煙。店内はベージュと木目を基調とし、温かみのある落ち着いた和の空間を演出。「神戸牛のおいしさを手軽に知ってほしい」という思いから三宮各線から徒歩3分の場所に開いた。

[広告]

 肉は神戸牛の中でもサシが特徴的なクラシタ(特選肩ロース)のみを使い、野菜も国産にこだわる。看板メニューは、「こだわりの出汁(だし)」が付く「神戸牛 牛丼 牛まぶしセット」(1,500円)。大塩悌(おおしおやすし)店長は「神戸牛と自家製ダレで食べていただき、次に薬味をのせてだしをかけてお茶漬け風にさっぱりと召し上がっていただければ」と話す。

 ドリンクは、瓶ビール(550円)、ノンアルコールビール(450円)、ウーロン茶(250円)をそろえる。

 同店経営企業・営業部長の中嶋悠仁さんは「駅に近い小規模な店で神戸牛を気軽に食べていただける店にしたかった。プライベートでひつまぶしを食べた時に牛丼とだしを組み合わせた『牛まぶしスタイル』がひらめいた」と明かす。

 営業時間は、ランチ=11時30分~15時、17時~21時00分(以上ラストオーダー)。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加