食べる

三宮にジンギスカンの店「ひつじアンダーグラウンド」 世界各国から羊肉仕入れ提供

世界各国から仕入れた羊肉

世界各国から仕入れた羊肉

  •  
  •  

 ジンギスカンの店「ひつじアンダーグラウンド」(神戸市中央区中山手通1、TEL 078-595-9545)が神戸・三宮にオープンして1カ月が過ぎた。オープン日は9月8日。

「ひつじアンダーグラウンド」店長の森保宏さん

 経営は、「日本酒バル・米屋イナズマ」「リゾット★スター」「ベーカリー バカンス」「路地裏スタンド アベック」などを展開する「ファイブスクエア」(北長狭通4)。

[広告]

 店舗面積は22坪。席数は、カウンター10席、テーブル10席のほか、8席の個室を用意。6人からの貸し切り利用にも対応する。雑居ビルの地下にある店内は、ヨーロッパのワイナリーにある貯蔵庫をイメージした「大人の隠れ家」を演出。炭おこし場は暖炉をイメージし、インテリアの一部になるように工夫した。羊をイメージしたポップなネオン管の装飾も目を引く。

 客の目の前で仕上げる羊肉は、しちりんの炭火でじっくり焼いてミディアムレアの状態で提供。付けだれだけでなく、さんしょう、ヒマラヤ岩塩、韓国トウガラシなどを付けて食べるのも「おすすめ」という。

 羊肉メニューは、「NZL産 ラム タン」(880円)、「AUS産 グラスフェッド ラム(肩ロース、モモ)」「AUS産 グレインフェッド ラム(ショルダー、ロース)」(以上各980円)、「ISL産 グラスフェッド ラム 肩ロース」(1,250円)、「AUS産 パスチャーフェッド ラム ロース」(1,500円)、「FRA産 グレインフェッド マトン(肩ロース、ロース)」(各2,000円)、「USA産 コーンフェッド ラム リブロース」(2,500円)など、産地・月齢・部位ごとに用意する。

 焼き野菜は、マコモダケ、土浦れんこん(以上600円)、自家製ニンニク、万願寺とうがらし(以上500円)などのほか、盛り合わせ(980円)も用意。一品料理は「ひつじのスープ」(300円)、「もやしピリ辛ナムル」「セロリの浅漬け」(以上500円)などをそろえ、コース(3,500円~)や飲み放題(2,000円~)も用意する。

 ドリンクは、生ビール(380円~)、日本酒(480円~)、ソフトドリンク(300円~)など。ワインは常時10種類以上そろえ、「オススメ3種飲み比べセット」(1,200円)も用意する。

 店長の森保宏さんは「国内、特に関西での羊肉の消費量はまだまだ少ないため、国内の生産者も極端に少ない。ヘルシーで質の高い羊肉は魚と同じく鮮度が大事。世界各国から厳選した羊肉を新鮮な状態で仕入れている」と話す。「羊肉が苦手という方でも新鮮な状態で提供することでおいしく召し上がっていただいている。微力ながら羊肉の普及に貢献できれば」とも。

 営業時間は17時30分~23時。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加