食べる

神戸・三宮の鉄板串焼き店「つくやん」が8周年 初のランチ営業も

鉄板串焼き店「つくやん」店長兼シェフの水田昌利さん

鉄板串焼き店「つくやん」店長兼シェフの水田昌利さん

  •  
  •  

 神戸・三宮にある鉄板串焼き店「つくやん」(神戸市中央区中山手通1、TEL 078-331-0577)が1月17日、オープン8周年を迎えた。

ランチメニューの「和牛ステーキ」

 店舗面積は9坪。席数は鉄板カウンター席8席。最大10人までの貸し切り利用にも対応する。喫煙可(ランチタイムは禁煙)。店主の西山浩由さんは「オープン当時、神戸では鉄板串焼きは珍しかった。鉄板で焼くため煙なども少なくお客さまの目の前で仕上げることができる。肉だけでなく海鮮などいろんな食材を楽しんでいただけるのも鉄板串焼きの良いところ」と話す。

[広告]

 8周年を機に、今年からディナータイムの営業時間を少し早め、初めてランチタイムの営業を始めた。同店は観光客など県外からの来店も多いため、店長兼シェフの水田昌利さんが作る神戸には欠かせない洋食料理を新メニューとして取り入れた。

 ランチタイムは、スープとライスが付く「ポークチャップ」「グリルチキン」(以上1,280円)、「和牛ステーキ」(1,580円)のほか、「黒毛和牛コース」(4,000円)、「神戸牛コース」(6,000円)などのコースメニューも用意する。

 ディナータイムは、串焼き(160円~)、刺し身・たたき(700円~)、一品(450円~)、ご飯もの(1,000円~)、麺もの(800円~)などの単品メニューを用意。人気メニューは、「鶏レバーパテ」(800円)、「ナポリタン焼きそば」(1,000円)という。

 ディナーコースは「季節の串焼 全14品コース」(4,000円)、「つくやん特選ステーキコース」(6,000円)、「神戸牛ステーキコース」(8,000円)、「3時間貸し切り&飲み放題付きコース(7人~9人)」(1万円)を用意する。

 ドリンクは、生ビール、梅酒、ゆず酒、カクテル(以上600円)、焼酎、ハイボール、チューハイ(以上500円)、日本酒(650円~)、ワイン(グラス=650円~、ボトル=3,800円~)、ソフトドリンク(350円)などをそろえる。

 西山さんは「店名の由来でもある『ええとこつくやん』をお客さまから言っていただけるよう、気配り目配りのできる接客を心掛けたい。これからも喜んでいただける店を目指す」と笑顔を見せる。

 営業時間は、ランチ=12時~14時、ディナー=17時30分~23時30分(ラストオーダー)。