食べる

神戸ポートピアホテルでスイーツビュッフェ「神戸いちごコレクション2020」

SOCOルームサービス支配人の香川誉生さん(左)とSOCO料理長の堀真人さん(右)

SOCOルームサービス支配人の香川誉生さん(左)とSOCO料理長の堀真人さん(右)

  •  
  •  

 スイーツビュッフェ「神戸いちごコレクション2020」が2月1日より、神戸ポートピアホテル(神戸市中央区港島中町6)本館2階のダイニングカフェ「SOCO(ソーコー)」(TEL 078-302-1106)で開催される。今年で2回目。

「いちごガナッシュのカラフルマカロン」

 「いちご畑の甘い夢」をテーマに、「夢のイチゴ畑」をスイーツで表現する。内装やビュッフェ台は、赤と水色を基調とするイチゴ畑や「のどかな農場」をイメージした英国風のデザインで装飾。スイーツメニューは全国の名産地から取り寄せた国産ブランドイチゴのほか、「ムービージェニック」なスイーツなど約35種、料理メニューは月替わりの料理など約7種用意する。

[広告]

 100分の食べ放題メニューは、ブランドイチゴ「かおり野」「章姫」「紅ほっぺ」などを日替わりで2~3種類、ミニサイズのパンケーキに生クリームとカットしたイチゴをのせた「クリームとろとろ ジェニックミニパンケーキ」、フレッシュイチゴをチョコレートでコーティングした「チョコをまとったドレスアップいちご」、イチゴのガナッシュを挟んだ「いちごガナッシュのカラフルマカロン」など。

 料理メニューは酸味と塩気を組み合わせたメニュー構成になっており、月替わりで「イチゴの焼きリゾット」(2月1日~2月28日)、「イチゴのフルーツグラタン」(3月1日~3月31日)、「生ハムとイチゴのドライフルーツ」(4月1日~5月10日)も用意する。

 同ホテル営業本部マーケティング室の吉備由佳さんは「昨年はフレッシュイチゴを期間中に約2トン使うほど好評だった。今年は期間を延ばし月替わりメニューも用意するので、2度、3度とお越しいただき楽しんでいただければ」と話す。

 SOCOパティシエの芳養正朗さんは「味、香り、食感、ビジュアルを全身で楽しんでほしい。食事開始時間の10分~15分前からは会場内の写真撮影タイムを設けているので、カメラに収めていただければ」と話す。

 提供時間は、14時40分~16時20分(土曜・日曜・祝日は12時~13時40分との2部制)。料金は、大人=5,500円(前売り4,900円は事前決済割として1月31日まで公式ホームページで販売)、学生(中学生以上)=4,950円、小学生=3,300円、4~6歳=2,200円。5月10日まで(4月10日~12日、23日~26日は除外日)。