3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

神戸・元町に創作スパイスカレー&鶏料理店 元「2tone cafe」店主が出店

創作スパイスカレー&鶏料理の店「路地裏キッチン ヨネモンカレー」マスター・米光将司さん夫妻

創作スパイスカレー&鶏料理の店「路地裏キッチン ヨネモンカレー」マスター・米光将司さん夫妻

  • 65

  •  

 創作スパイスカレー&鶏料理の店「路地裏キッチン ヨネモンカレー」(神戸市中央区元町通3-15-10、TEL 078-515-6865)が2月9日、神戸・元町にオープンした。

看板メニュー「ヨネモンカレー」

 店舗面積は10坪。席数は、カウンター6席、テーブル8席。全席禁煙。木目を基調とした昭和ムード漂う純喫茶風の店内は、店のテーマカラーの南海ホークスグリーンをアクセントにレトロな内装に仕上げた。店名は「ヨネ」こと同店マスター・米光将司さんのニックネームから付けた。

[広告]

 米光さんは2004(平成16)年、元町のタワー・ロード近くにカフェ「2tone cafe(ツートーン・カフェ)」をオープン。DJ兼オーガナイザーとして大阪で音楽イベントを主催しながらカフェ経営を行ってきたが、「一旦リセットしたい」との思いから2018(平成30)年11月、常連客に惜しまれつつ閉店した。

 「店を閉めた時は、その後のことは何も決めてなかった。それから半年経って今度は何をしようと考えた時、やっぱりまた皆に集ってもらえるような場所がほしいと思った」と米光さん。昼はスパイス香る創作カレー、夜は鶏肉を使った一品料理とミニカレーを酒のつまみに居酒屋スタイルで提供する。「カレーと鶏の一品料理が1度に味わえるという意外性が店の売り。カレーは昼で完売してしまう種類もあるが、あれば夜でも食べていただける」とも。

 終日提供するカレーは、看板メニューの「ヨネモンカレー(ひねどりのスパイスキーマ)」をはじめ、マスターの気まぐれで内容が変わるという「気まぐれカレー」2種(以上800円)。3種のカレーから選べる「2種あいがけ」(900円)、「3種あいがけ」(1,000円)も用意する。

 ディナーは、「ミニカレー」(500円)のほか、「鶏ハラミとキノコの炒めもの」「鶏ホルモンのスタミナ炒め」(以上680円)、「自家製鶏チャーシュー」「ヤゲン軟骨の唐揚げ」(以上500円)、「特製スパイス味玉」(100円)などの鶏料理を提供。「2tone cafe」で人気だったオムライス、オムレツ、鶏の唐揚げ、自家製プリンなどのメニューも用意する。

 ドリンクは、「ビール小瓶(キリンハートランド)」(500円)、「ビール中瓶(サッポロ赤星、アサヒスーパードライ)」(550円)、瓶回収ができる地域しか取り扱いの無い兵庫鉱泉所(長田区)の瓶入り飲料「マスコット」で割るレモンチューハイ(450円)、「チャイ(ホット、コールド)」(500円)などをそろえる。

 米光さんは「知り合いのカレー店店主は音楽業界出身者が多い。カレー店が出店する音楽イベントはこれまでもあったが、いつかカレーと音楽の両方が主役のコラボイベントを企画したい」とほほ笑む。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時30分、ディナー=18時~21時30分(以上ラストオーダー)。水曜定休。