3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

神戸・みなと元町駅近くのお好み焼き・鉄板居酒屋「てこいち」が9周年

お好み焼き・鉄板焼き居酒屋「てこいち 元町店」店長の楠本広さん

お好み焼き・鉄板焼き居酒屋「てこいち 元町店」店長の楠本広さん

  • 4

  •  

 神戸・みなと元町にあるお好み焼き・鉄板焼き居酒屋「てこいち 元町店」(神戸市中央区栄町通3、TEL 078-393-5039)が3月14日、オープン9周年を迎えた。

手作りの「巨大テコ」を飾る店内

 経営は、神戸市内で「てこいち兵庫本店」(兵庫区羽坂通4)をはじめ、お好み焼き店を中心に7店舗を展開する「てこいちグループ」(荒田町3)。

[広告]

 店長の楠本広さんは同グループに入社して8年目。市場内の八百屋に勤めていた際、同グループの役員からスカウトされ入社を決意。「てこいち神戸店」「元町みなと食堂」(中央区栄町通3)の店長を任された後、2019(平成31)年から店長を務めている。楠本さんは「ほとんどのスタッフがスカウトか元お客さま。細かな気配りやサービスを徹底しているので、人柄・接客力を重視している。居心地の良い店づくりをしていきたい」と話す。

 店舗面積は15坪。席数は、鉄板カウンター席8席、テーブル席22席。15人以上で貸し切り利用にも対応する。喫煙可。店内は、昭和の大衆居酒屋をイメージした内装で、「広い年代の方に、どこか懐かしいと感じてもらえるような店づくりを目指した」と楠本さん。「定期的に内装から外装までDIYでリニューアルすることでリピーターのお客さまが飽きないように工夫をしている。店内に飾っている手作りの『巨大テコ』が好評」とも。

 毎朝市場で仕入れる新鮮な食材を使い、ランチタイムは、「豚焼きそばの定食」(650円)、「月見もだん焼き定食」(880円)、「日替わりご飯と魚の和定食」(950円)などを用意。ディナータイムの人気メニューは、「長田スジカスねぎ焼き」(1,200円)、淡路島の「朝引き鶏」を使った「地鶏塩焼き盛り」(1,080円)、「せせり黒胡椒焼き」「砂ずり塩焼き」(以上490円)、「豚テキ サイコロ焼き」(650円)、「豚平焼き」(590円)、「牛スジオムレツ」(690円)など。「鰹たたき」(680円)、「但馬牛スジポン酢」(480円)、「蒸し鶏ネギ ラー油添え」(580円)なども提供する。

 ドリンクは、生ビール(中=450円、小=350円)、瓶ビール(500円)、サワー(390円)、ハイボール(380円~)、グラスワイン(400円)、麦・芋焼酎(400円~)、日本酒(500円~)、泡盛(500円)などをそろえる。

 同店では、外国人の宿泊客が多い「ゲストハウス神戸なでしこ屋」(栄町通1)とコラボした飲み歩きイベントを定期開催しているため、英語メニューも用意する。楠本さんは「これからも居心地の良い店づくりをしていきたい。来年は10周年なのでさまざまな記念企画も考えている」と話す。

 営業時間は、昼=11時30分~13時45分、夜=18時~23時30分。