モデルの浜島直子さん、「私が元気でいられる理由」テーマに講演

講演を行う浜島さん

講演を行う浜島さん

  • 0

  •  

 フェリシモ(神戸市中央区浪花町)主催の「神戸学校」が9月12日、モデルの浜島直子さんを迎えてエスパスフェリシモホール(須磨区)で開催された。テーマは「私が元気でいられる理由~仕事も人生も楽しく!」。

[広告]

 これまでに撮影された浜島さんの写真をスクリーンに映しながら行われた講演で、「モデルになったきっかけはスカウトだった」と浜島さん。札幌で行われたMCシスターフェスティバルを見に行った時に同誌編集長に声をかけられたのがきっかけだったという。モデルとして初めて撮影した18歳当時の写真がスクリーンに映ると、浜島さんは「この写真を撮る時は北海道から両親と3人で上京した。ガチガチに緊張して笑うこともできなかった。汗をびっしょりかきました(笑)」と話し、会場の笑いを誘った。

 希望者から抽選を行い、浜島さんに同社の秋冬ファッションをコーディネートしてもらう企画「はまじのHAPPYファッションレッスン」も開催。会場から選ばれた2人はステージに上がり、身長や普段のコーディネートの悩み、どんなファッションをしてみたいかなどを話し、講演中に着替えた。その後ヘアーメークも完了した2人が会場に現れると、会場から「かわいい」という声が上がり、2人は「いつもと違うからモデルになった気分」「きれいにしてもらって、みんなにきれいって言われてうれしい」と笑顔をのぞかせた。

 続く質疑応答では、「夫と仲良しでいるコツ」を問われ、「できるだけ一緒にご飯を食べること。忙しい時はスーパーのお総菜でもいいから一緒に食べる」と答えた。「美しい人、おしゃれな人の条件」を問われると、「自分の大切なものをきちんと分かっている人。それと誠実に向き合っている人は美しい。おしゃれな人は自分の好きなテイストとサイズ感が分かっている人」と話した。

 講演の最後には、当日誕生日だった浜島さんへ同社スタッフからケーキが贈られ、驚いた様子の浜島さんは「ありがとうございます。うれしい」と何度もスタッフや会場に会釈し、会場を後にした。

 浜島さんは「はまじ」の愛称で親しまれるモデル。19歳でモデルデビュー後、ファッション誌や広告をはじめ、雑誌連載やテレビでも活躍中。2002年からはTBS「世界ふしぎ発見!」にミステリーハンターとしてレギュラー出演している。

 フェリシモが主催する「神戸学校」は1995年の阪神淡路大震災をきっかけにスタートし、今回で149回目を数えた。参加料は全額、「あしなが育英会」の神戸レインボーハウス運営支援に活用される。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース