神戸・ポートアイランドで「花あかり」点灯式-2,000個の明かりともる

神戸ポートアイランド市民広場に約2,000個の「花あかり」がともった

神戸ポートアイランド市民広場に約2,000個の「花あかり」がともった

  • 0

  •  

 神戸ポートアイランド市民広場(神戸市中央区港島中町6)で9月18日夜、「神戸ポートアイランド*花あかりフェスタ」の点灯式が開催された。

 同フェスタは同広場いっぱいに「花あかり」をともすもの。「花あかり」は「花絵」を専用フレームに入れ、電球を組み合わせ内側から光を当てたもの。すべて手作業で作られるという。約2,000個の花あかりには、「わたしの好きな花」をテーマに全国から寄せられた花絵が使われる。

[広告]

 「元気で魅力あるポートアイランドを楽しんでもらう」ことを目的に開催する同フェスタ。点灯式には港島小学校の生徒やボランティアでポートアイランド内の大学生が参加した。カウントダウンとともに花絵に一斉に明かりがともると、参加者からは歓声と拍手が上がった。式には全作品の中から準グランプリに選ばれた港島小学校の山野清乃さんも出席、目録が贈呈された。

 ほかにも、花あかりに囲まれて実施するコンサートやフードコーナー、フリーマーケットに加えて、花あかりスタンプラリーなども開催。「花あかり地方物産展」として各地方の物産の展示販売も実施する。

 同フェスタ実行委員会担当者は「光のオブジェ花あかりが会場を光とアートの世界へと誘う。地域に根ざした幻想的なイベントなので、たくさんの方にお越しいただければ」と話す。「花あかりは上から見ると中央のピラミッドの周りを花びらが囲う花の形。ぜひ上からも見てほしい」とも。

 開催時間は10時~20時30分。今月19日まで。