食べる

神戸旧居留地のカフェ「ユルト」が閉店 10年間の感謝込めた企画展開

10月26日に閉店する神戸旧居留地にあるカフェ「YURT神戸店」

10月26日に閉店する神戸旧居留地にあるカフェ「YURT神戸店」

  • 36

  •  

 神戸旧居留地にあるカフェ「YURT(ユルト)神戸店」(神戸市中央区江戸町、TEL 078-381-6686)が10月26日、閉店する。運営はポトマック(波止場町)。

オープンから人気のパンケーキ

 アメリカ西海岸の海辺に立つテント小屋をテーマに木目調の心地よい空間を演出する同店。「LOCAL&GLOBAL」をコンセプトに地元密着型を目指し、店名の由来となる「ゆるっとした」カフェとして若者を中心に人気を集めている。

[広告]

 2010(平成22)年8月27日、同所にオープンして今年で10年。近隣オフィスからランチで訪れる常連客をはじめ、昼さがりのカフェタイムなどの利用も多く、週末には新しい門出を祝うブライダル予約もある。

 今回、老朽化によるビルの建て替えに伴い閉店することになった。

 今月19日から閉店まで、10年間の感謝を込めた「Thank you for YURT FUN ! ! -FINAL WEEK-」を展開する。

 25日までは「サンキュー価格」の390円で提供するメニューを用意する。11時~15時=1日39食限定の日替わりランチ「THANK YOU『39』LUNCH」、15時~17時=オープンから人気のパンケーキ「THANK YOU『39』PANCAKE」、17時~21時=ディナータイムのドリンク「THANK YOU『39』DRINKS」。期間中の来店で近隣の系列店で使えるクーポンも進呈する(限定配布枚数に達し次第終了)。

 最終日の26日は15時まで通常営業。17時から「YURT FINAL NIGHT!」と題し食べ放題&ドリンク飲み放題のビュッフェメニューを1,000円で提供する。390円の単品メニューも用意する。

 深江店長は「たくさんのお客さまに支えていただき、愛していただき10年間続けてくることができた。一日一日を大切に、お客さまを最終日までお待ちしている。最後までYURTらしく営業していくので、来店いただければ」と話す。

 25日までの営業時間は11時~21時(ラストオーダー)。

Stay at Home