食べる 買う

神戸の洋菓子店「パティスリートゥーストゥース」が冬向けアイスキャンディー

ケーキのようなカヌレ型アイスキャンディー「TOO POP ICE(トゥーポップアイス)」

ケーキのようなカヌレ型アイスキャンディー「TOO POP ICE(トゥーポップアイス)」

  • 21

  •  

 神戸の洋菓子店「PATISSERIE TOOTH TOOTH(パティスリートゥーストゥース)」(本店=神戸市中央区三宮町1、TEL 078-334-1350)が10月29日、カヌレ型アイスキャンディーの冬向けフレーバーセット「TOO POP ICE Chapiteau(トゥーポップアイス シャピトー)」を発売した。運営はポトマック(波止場町)。

専用ボックスに詰め合わせた「TOO POP ICE Chapiteau(トゥーポップアイス シャピトー)」

 同商品は夏に人気があるというケーキのようなカヌレ型アイス。今年は冬に合う新フレーバー3種類を含む4種の味を初めて冬季販売する。

[広告]

 夏のおいしい食材を使ってケーキを作るアイデアから生まれたという同アイス。季節ごとに旬の食材があり、冬においしいものをアイスで表現したいという思いから、同店シェフパティシエの水野琢磨さんが冬向けフレーバーの開発に取り組んだ。

 セット内容は、和栗と洋栗ペーストをブレンドしたモンブラン「マロン香る“モンブラン”」、チョコレートとベリーの「タルトベリーショコラ」、同店オリジナルブレンドティーを使った「ロイヤルミルクティーブリュレ」の新フレーバー3種と、夏に好評という抹茶パフェのような「パルフェジャポネーズ」。カラフルな専用ボックスに詰め合わせ、「歳暮などのギフトにもお薦め」という。

 価格は、16本入り(各フレーバー4本ずつ)で5,400円(送料込み、ただし北海道・沖縄は送料別途)。冷凍配送商品のため、「クール便」で発送する。オンラインショップで販売するほか、各店頭でも注文を受け付ける。

 水野さんは「冬の季節に食べておいしいチョコレートやマロンなどをケーキに使うというアイデアでアイスを表現した。食材の味わいもしっかりと感じていただき、このシーズンにお楽しみいただければ。新たな冬の定番商品になれば」と期待を込める。

 販売は3月31日までを予定。