「ANAクラウンプラザホテル神戸」営業開始-独自の快眠プログラム提供

オープニングセレモニーではカウントダウンを行い、オープンを祝った

オープニングセレモニーではカウントダウンを行い、オープンを祝った

  •  
  •  

 クラウンプラザホテルとANAホテルの共同ブランドホテルとして「ANAクラウンプラザホテル神戸」(神戸市中央区北野町1、TEL 078-291-1121)が1月20日より営業を開始するのにあたり、同日、オープニングセレモニーが行われた。

 同ホテルは新幹線の新神戸駅に隣接する37階の高層ホテル。593室の客室に加え、立食パーティーでは最大2,500人を収容する宴会など、宴会やウエディングなどの施設も備える。最上階に位置する専用ラウンジからなる4フロア76室のクラブフロアでは「ワンランク上」のサービスを提供し、神戸市で最高層のホテルとして夜景を堪能するスポットとしても知られる。

[広告]

 セレモニーで同ホテルの総支配人・ジョージ・コメンダーコスさんは「当ホテルは国内で10軒目のANAクラウンプラザホテル。認知度は確実に上がっている。当ホテルは、ANAが日本で築いた経験と実績に、クラウンプラザのグローバルなノウハウや予約のネットワークシステムが合わさった他に類のない共同ブランド」と紹介。その後、参加者とともにカウントダウンを行い、オープンを祝った。

 当日行われた会見ではANAクラウンプラザホテル独自の快眠プログラム「Sleep Advantage(スリープ・アドバンテージ)」についても説明。クラブフロアにはアイウォーマーや夜・朝用のお茶、入浴剤などを常備し、その他の客室でも希望に合わせて利用でき、高さや硬さから選べる枕6種類も貸し出している。

 IHG・ANA・ホテルズグループジャパンCOOの大屋了三さんは「チェックインからチェックアウトまでいかに当ホテルを楽しんでいただくか。お客さまの嗜好(しこう)をとらえたサービスを提供し、お客さまに支持されるホテル作りを続けていく」と語る。

  • はてなブックマークに追加