3密を避けて新しい生活様式へ!

買う 暮らす・働く 学ぶ・知る

三宮でイベント「神戸からのメッセージ」-U.K.さんらが被災地へエール

三宮センター街の特設ランウェーで応援メッセージボードを持ってウォーキングするモデルら

三宮センター街の特設ランウェーで応援メッセージボードを持ってウォーキングするモデルら

  • 0

  •  

 神戸三宮センター街で3月20日、支援活動イベント「神戸からのメッセージ Massage from KOBE」が開催された。主催は、三宮プラザ名店会と三宮センター街でつくる三宮コレクション実行委員会。

「U.K.」こと楠雄二朗さんと「サンコレ」に出演予定だった21人のモデル

 同イベントは、三宮センター街中央に長いレッドカーペットを敷き行うファッションショー「SANNOMIYA Collection 2011 S/S KOBE(通称=サンコレ)」として準備を進めてきたもの。サンコレは、神戸らしいファッションで神戸・三宮の街を盛り上げようと、周辺にある複数の商業施設や地域の人らが協力し合い実現したイベントで、春と秋の年2回開催されている。今回、多くの犠牲者を出した東日本大震災の発生を受け、急きょテーマを「神戸からのメッセージ」に変更し支援活動イベントに切り替えた。

[広告]

 当日は、サンコレに出演予定だった21人のモデルが、三宮センター街に設けられた特設ランウェーで「助け合い」「思いを届けます」などが書かれた被災地へ向けた応援メッセージボードを持ってウオーキングし、エールを送った。

 併せて、同センター街入口付近やセンタープラザ2階のマゼラン時計横など5カ所で、活動に賛同し募金した人らにメッセージカード(シール)を配布。同カードに被災地への思いを記入してもらい、大型パネルに貼り付け展示するとともに主催関連サイトでも紹介する。集まった義援金は神戸新聞厚生事業団に寄託し被災地に届け、時機をみてメッセージも送る。

 同イベントにゲスト出演したDJ・タレントの「U.K.」こと楠雄二朗さんは、会場に集まった人らに被災地の人たちに向けたメッセージをインタビュー。その様子をMBSラジオのレギュラー番組「U.K.チア・ミュージック」で紹介する。

 同委員会広報担当の前山涼子さんは「神戸は震災から復興までたくさんの方に支えられ助けられて今こうやって日常を過ごせるようになった。16年前に大震災を経験した街だからこそできることやすべきことがあると思う。当時は支援だけでなく各地からの励ましの言葉にも元気をもらった。震災の痛みを知っている神戸から東日本で被災された方々へ勇気と希望の持てるメッセージを伝えたいと思い今回のテーマにした。街のたくさんのパワーと思いを被災地に届けたい」と強く語る。