プレスリリース

【産学官連携】神戸市立葺合高等学校でAI翻訳ツールを活用したワークショップを開催します(オンライン開催)

リリース発行企業:株式会社みらい翻訳

情報提供:


 神戸市では、令和2年10月より、神戸市立葺合高等学校(以下、葺合高校)、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)及び株式会社みらい翻訳(以下、みらい翻訳)と連携し、AI翻訳サービスの利便性向上や生徒の語学力向上、AI翻訳等に関する知識の醸成に向けた取組を実施しています。

 このたび、本取組の一環として、ドコモが提供するAI翻訳サービス「はなして翻訳(R)」を体験しながら、AI翻訳の有用性や今後の活用方法などを議論・学習するワークショップをオンラインにて開催します。

 なお、本取組は、令和2年7月よりドコモ及びみらい翻訳と実施している「神戸市ドコモAI翻訳実証事業」及び葺合高校が拠点校に指定されている「WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業」の一環として実施しています。

1.ワークショップについて
(1)概要
  ・ドコモのAI翻訳サービスである「電話翻訳」を使って、生徒が外国人との多言語コミュニケーションを
   体験。
  ・海外のホテル予約やレストランでの会話など、実際の利用シーンを模した体験を通して、翻訳ツールの
   活用方法の理解やAIとの共存方法についての検討機会とすることを目的としています。
(2)実施日
  令和3年1月22日(金曜) 15:20~17:00
(3)実施場所
  神戸市立葺合高等学校(神戸市中央区野崎通1-1-1)
(4)開催方法
  Webexを利用したオンラインでの開催
(5)参加者
  進行役:株式会社NTTドコモ
  参加者:すぎな会(ボランティア部)、ESS(English Speaking Society)に所属する生徒11名
(6)取材について
  当日の活動の様子を公開いたしますので、取材をご希望の方は、1月21日(木曜)17時までに、下記担当者
  までご連絡ください。
  なお、取材方法は新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止の観点から、オンラインのみとさせていた
  だきます。
  担当:企画調整局つなぐラボ  山下・藤田
  TEL :078-322-6462
 E-mail: besmartkobe@office.city.kobe.lg.jp

※オンラインによる実施や教室の換気など、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止対策を行ったうえで
 開催いたします

2.これまでの取組
(1)AI翻訳ツールを活用した取組
 ・実施期間
  令和2年10月~12月
 ・取組内容
  実証事業で利用している「はなして翻訳(R)」やみらい翻訳が提供する「Mirai Translator(R)」は、固有名詞や
  専門用語を辞書登録することで、誤訳の解消など翻訳精度の向上につながります。
  神戸市が保有する市民向けの行政文書(日本語版、英語版)を葺合高校へ提供し、生徒が「Mirai Translator
  (R)」を活用しながら、本機能について学びました。参加した生徒からは、自ら翻訳する際に生じていた問題や
  課題を解決することができたなどの意見もあり、さらなる語学の学習意欲向上につながることが期待できま
  す。


(2)AI翻訳に関する勉強会
 ・実施日
  令和2年11月27日(金曜)
 ・取組内容ドコモ及びみらい翻訳による、機械翻訳のこれ
  までの歴史や今後の展望等の説明、「はなして翻訳(R)」
  のデモンストレーションの実施など、AI翻訳に関する
  勉強会を行いました。

(3)みらい翻訳によるオンラインインターンシップ

 ・実施日
  令和2年12月11日(金曜)
 ・取組内容
  オンラインによる企業へのインターンシップ活動とし
  て、みらい翻訳の社内見学や、「AI翻訳と語学のよいと
  ころを共有し、AI翻訳をどのように利用すべきか」を
  テーマに生徒とみらい翻訳社員が意見交換を行いまし
  た。

3.参考資料
 ◎葺合高学、ドコモ、みらい翻訳とのAI翻訳に関する取組(令和2年10月15日)
   https://www.city.kobe.lg.jp/a05822/press/20201015.html
 
 ◎神戸市ドコモAI翻訳実証事業 記者資料提供(令和2年6月29日)
   https://www.city.kobe.lg.jp/a05822/press/20200629.html

 ◎WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業について
  将来、世界で活躍できるイノベーティブなグローバル人材を育成するため、これまでのスーパーグローバルハ
  イスクール事業の取組の実績等、グローバル人材育成に向けた教育資源を活用し、高等学校等の先進的なカリ
  キュラムの研究開発・実践と持続可能な取組とするための体制整備をしながら、高等学校等と国内外の大学、
  企業、国際機関等が協働し、テーマを通じた高校生国際会議の開催等、高校生へ高度な学びを提供する仕組み
  (ALネットワーク)の形成を目指す取組
 ・WWL HP:https://b-wwl.jp/
 ・葺合高校HP:http://www2.kobe-c.ed.jp/fki-hs/index.php?page_id=927

4.問い合わせ先
〇本取組全般、ワークショップについて
  企画調整局つなぐラボ  松崎・山下
  電話: 078-322-6462  E-mail:besmartkobe@office.city.kobe.lg.jp

〇WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業について
  神戸市立葺合高等学校  教頭 山内
  電話: 078-291-0771  E-mail:fuki-hs@kobe-c.ed.jp

〇「はなして翻訳(R)」について
  株式会社NTTドコモ
  スマートライフ推進部 インバウンドソリューション担当
  電話: 03-5156-3730   E-MAIL:hanahon-support-ml@nttdocomo.com

〇「Mirai Translator(R)」について
  株式会社みらい翻訳 金野・渡辺
  E-MAIL:info@miraitranslate.com

  • はてなブックマークに追加