食べる 買う

大丸神戸店に「ディーン&デルーカ」-関西初・デパ地下初

食品フロア内キッチンで作られるデリカテッセン

食品フロア内キッチンで作られるデリカテッセン

  •  
  •  

 大丸神戸店(神戸市中央区明石町)地下1階食品フロアに4月27日、関西初・デパ地下初となる「DEAN & DELUCA(ディーンアンドデルーカ)」(TEL 078-335-1381)がオープンした。

量り売りするデリカテッセンのコーナー

 ディーン&デルーカはニューヨーク発祥の食のセレクトショップ。1977(昭和52)年にニューヨーク・ソーホーに1号店をオープン。国内では、東京を中心にマーケットストアやカフェを展開する。来年の開業10周年を前に、東京以外への店舗展開の名古屋に続く2店目を関西に決定。古くから洋食文化に精通している街・神戸を出店地に選んだという。

[広告]

 「MUSEUM FOR FINE FOOD」をコンセプトとし、ヨーロッパのオリーブオイルやバルサミコ酢、本格調味料、チーズやパテなどのアペタイザー、日本各地の「選りすぐりの食材」を豊富にそろえる同店。食品フロア内キッチンで作られるデリカテッセン約40種を取りそろえ、「出来たてベーカリー」のコーナーではニューヨークスタイルの焼きたてパン45種類を日替わりで提供する。

 商品は、大丸神戸店限定デリ「チリコンカルネのアボカドグラタン」(525円)、「シリアルとバターブレッドを詰めたひな鶏のロースト」(1,680円)、「ローストビーフとアボカドのシリアルローフサンドイッチ」(1,260円)をはじめ、パリの老舗オリーブオイル専門店「A LOLIVIER(ア・オリヴィエ)」が作る使い切りサイズの「ミニドレッシングセット」(6個入り、1,050円)などを販売。「アペタイザーアソート」(2,625円)をオープン記念価格で販売するほか、日本未発表の「キャンバストート(ホワイト・ブラック)」(Sサイズ=3,500 円、Mサイズ=4,500 円)を数量限定でそろえる(無くなり次第終了)。

 西日本ゼネラルマネジャーの西村英士さんは「全国のお客さまから、東京以外への出店のご要望を多く頂いていた。当店は百貨店の食品フロアでの展開になるため、多数あるアイテムの中でもデリを強化している」と話す。「出来たてベーカリーと量り売りするデリの両コーナーがあるのは神戸だけ」とも。

 営業時間は10時~20時。

  • はてなブックマークに追加