食べる 買う

モロゾフがカスタードプリンの味と容器一新-51年目で「プリン元年」に

新商品「プライムカスタードプリン」を発売

新商品「プライムカスタードプリン」を発売

  •  
  •  

 モロゾフ(神戸市東灘区)は7月1日、同社定番カスタードプリンの新商品「プライムカスタードプリン」を発売した。

プライムカスタードプリン

 同社は、1931(昭和6)年8月8日に「神戸モロゾフ製菓」として創立し、神戸トアロード(現在の中央区)のチョコレートショップから出発して以来、カスタードプリン、チーズケーキ、クッキーなどのスイーツを提供。うち、モロゾフカスタードプリンは1962(昭和37)年の発売から昨年で50周年を迎えた。今年は51年目の挑戦として新商品を開発し、新たなカスタードプリン元年と定める。

[広告]

 同商品のテーマは「上質体験」。商品名は、同社経営理念「Be Prime,Be Sweet.」の思いを込め「プライムカスタードプリン」と名付けた。従来のカラメルソースとカスタードプリンの2層構造に加えて一番上に生クリームゼリーを載せ3層構造にし、ガラス容器は持って食べやすい凹凸のあるデザインに一新。食べ終わった後も活用しやすい「スタイリッシュなデザイン」を意識したという。また、これまでの「ガラス容器から皿に出すことでいっそうおいしく食べることができるプリン」から「容器に入れたままスプーンで食べることを想定したプリン」になるよう配合も見直したという。

 マーケティングセンター商品企画部企画第1課担当課長・鈴木正人さんは「わざわざお皿に移さなくても、そのままで食べる姿が様になるスタイリッシュなガラス容器になっている。手間暇かけず、場所を選ばず、どこでもちょっとしたカフェ感覚になれる 『気軽な上質感』 を楽しんでいただければ」と話す。

 価格は1個315円。そごう神戸店(中央区小野柄通8)本館地下1階食品フロアや大丸神戸店(明石町)地下1階食品フロアなど全国の主要デパートで取り扱う。

  • はてなブックマークに追加