食べる

三宮のスイーツバー「足跡」が2周年-酒とスイーツを提供

奥本亘代表(左)と店主の松山秀樹さん(右)

奥本亘代表(左)と店主の松山秀樹さん(右)

  •  
  •  

 三宮・東門商店街のスイーツバー「Bar 足跡」(神戸市中央区中山手通1、TEL 078-321-1023)が7月22日、2周年を迎えた。

店内の様子

 店舗面積は15坪。席数はカウンター14席、 BOX3人席・8人席(喫煙可)を用意。店内は鍼灸(しんきゅう)師でもある奥本亘代表自らが描いたイギリスの下町を連想させる壁画やアンティーク調の雑貨が並び、女性客一人でも楽しめる雰囲気を演出。店名は「皆さんにたくさんの足跡を残してほしい」という思いから名付けた。

[広告]

 奥本さんは、アルコールとケーキをおいしそうに食べている女性客を見て、「お酒とスイーツの食べ合わせがどこまで通用するのか試したい」という思いに駆られ、7月からはパティシエでもありワインバーで長年経験を積んだ松山秀樹さんを店主に迎え、ショットバーで本格的に酒とスイーツも楽しめるよう「スイーツバー」としてメニューを一新した。

 ドリンクメニューは、旬の桃を使ったフローズンカクテル「フレッシュフルーツカクテル」(900円)、自家製のブルーベリーコンフィチュールやカシスを使った白ワインベースの「コンフィチュールカクテル」(800円)、ビール(500円)、グラスワイン(700円)などを用意。コンフィチュールはリンゴ、マンゴー、パイン、キウイ、グレープフルーツなど、季節に応じて手作りする。

 スイーツはマンゴーパインのフローズンなどのアイス(300円~)、季節のフルーツのタルト(500円~)など常時3種類を日替わりで提供する。

 2周年を迎え奥本さんは「お客さまとスタッフに恵まれ、2周年を迎えることができた。これからもお酒とスイーツで会話が楽しめるバーにしていきたい」と話し、松山さんは「お客さまの要望、わがままにお応えできるような店にしていきたい。スイーツバーを推していくので、ぜひお越しいただければ」と話す。

 営業時間は19時~翌2時(金曜・土曜は翌4時まで)。

  • はてなブックマークに追加