3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

神戸で「バービー」人形デビュー55周年展-神戸企業6社とのコラボバービーも

神戸の企業6社の制服を着用したバービー

神戸の企業6社の制服を着用したバービー

  • 0

  •  

 そごう神戸店(神戸市中央区小野柄通8、TEL 078-221-4181)本館9階催会場で9月30日から、米発ファッションドール「バービー」デビュー55周年を記念した「モード オブ バービー展」が開催される。

神戸企業6社とバービーがコラボ

 1959年、ニューヨークのトイ・フェアでデビューした米生まれのファッションドール、バービー。理想的なプロポーションと精巧に作られたドレスや靴をまとったスタイルで、当時の女性の心を魅了。バービーのファッションは時代を反映し、世代を超えて愛され続けている。

[広告]

 同展では、バービーのコレクターとして世界的に有名な関口泰宏さんのコレクションよりデビュー初期から現代までのファッションヒストリーの紹介や、55周年記念「お祝いバービー」として、アパレルブランドや著名人とのコラボによる貴重な未公開コレクションなど約550体を展示。会場には、等身大バービーと記念撮影のできるフォトスポットや、展覧会限定オリジナルグッズや「バービー原宿」オリジナル商品などを取りそろえた「バービーマーケット」も設ける。

 今回は「神戸ファッションウィーク」の一環で、「もし、バービーが神戸の企業で働いていたら」と題し、ファッション都市・神戸の企業6社(シュゼット「アンリ・シャルパンティエ」、近畿タクシー、神戸ポートピアホテル、早駒運輸「神戸シーバス」、ドンク、そごう神戸店)の制服を着用したバービーやヘアサロン4社(アレックス、チェスト、ラシェンテ、ホワイトハウス)によるヘア&メークバービーも展示。神戸出身のクリエーター・二木なおさんが製作した制服は、実際の制服の端切れを使うなど、色や細部にまでこだわり忠実に再現し、企業を象徴するアイテムも1点ずつ作製している。

 「神戸ファッションウィーク実行委員会」事務局の高階敏子さん(ぜんまい)は「神戸にはおしゃれな制服があり、素敵なクリエーターもいるということで制服バービーが実現した。企業とクリエーターの思いが詰まった制服バービーを多くの若い女性たちに見ていただき、『こんなかわいい制服を着て神戸で働きたいな』と思っていただくきっかけになれば」と話す。

 同店本館地階の洋菓子売り場6ブランド(アンリ・シャルパンティエ、アンテノール、ゴディバ、パティスリー・トゥーストゥース、ファクトリーシン、御影髙杉)では、同企画に合わせて「モード」をテーマとした「モード オブ チョコスイーツ」も期間限定で販売している。

 開催時間は10時~20時(入場は19時30分まで、最終日は18時閉場)。入場料は、大人=700円、大・高校生=500円、中校生以下無料。10月6日まで。

  • はてなブックマークに追加