見る・遊ぶ

神戸どうぶつ王国で夏休み企画「カブト・クワガタ王国」 スタンプラリーも

オリジナルスタンプブックとヘラクレスオオカブトを紹介する「神戸どうぶつ王国」広報担当の北野友規さん

オリジナルスタンプブックとヘラクレスオオカブトを紹介する「神戸どうぶつ王国」広報担当の北野友規さん

  •  

 神戸ポートアイランドの全天候対応施設「神戸どうぶつ王国」(神戸市中央区港島南町7、TEL 078-302-8899)で現在、夏休み企画「カブト・クワガタ王国」が開催されている。

シンボルツリーの「カブト・クワガタ王国」撮影スポット

 カブトムシ界最大の「ヘラクレスオオカブト」をはじめ、最重量の「エレファスゾウカブト」や美しい色で人気の「ニジイロクワガタ」など多種多様な国内外30種類のカブト・クワガタが各エリアの動物と共存するように展示。好評を得た昨年の初開催から8種入れ替え、展示方法などもさらに工夫したという。

[広告]

 フラワーシャワー内シンボルツリーには、同イベントバージョンの撮影スポットを期間限定で設置。カブト・クワガタの大きなイラストがちりばめられたダイナミックなデザインで、誰でも記念撮影ができるようになっている。

 会期中、スタンプラリーも実施する。カブト・クワガタの詳しい情報が掲載されたオリジナルスタンプブック(300円)を購入し、屋内エリア10カ所に設けた全てのスタンプを集めると特典として全10種類のうち3種類のカードが入った「カブト・クワガタカード」を進呈。スタンプブック購入者は本物のヘラクレスオオカブトとの記念撮影イベント(11時30分~12時30分、14時~15時、フラワーシャワー『アジアの森』出口付近)にも参加できる。

 8月8日(13時~)には、カブト・クワガタ好きのスタッフによるトークイベント「安藤先生のカブクワ講座」をスタンプブック購入者向けに行う。

 広報担当の北野友規さんは「当企画の特徴は、展示コーナーを1カ所に設けず屋内の全エリアにちりばめたこと。カブト・クワガタがどこに隠れているのか探しながら園内を巡回し、動物も満遍なくご覧いただける。見比べると面白い種類同士を近くに展示することで特徴の違いなどを観察していただけるのでは。今後、夏休みの恒例イベントとして定着させていきたい」と話す。

 期間中の営業時間は10時~17時30分(8月11日~15日は21時まで)。入園料は、大人(中学生以上)=1,800円、小学生=1,000円、幼児(4~5歳)=300円、シルバー(65歳以上)=1,300円など。9月2日まで。