見る・遊ぶ

三宮を走る鉄道5社局の「鉄道フェス」 そごう神戸店三宮出店85周年で初開催

子どもたちが5社局の制服や制帽を試着して駅長になりきれる撮影スポットも用意

子どもたちが5社局の制服や制帽を試着して駅長になりきれる撮影スポットも用意

  •  

 三宮を走る鉄道5社局が参加する初のイベント「三宮 鉄道フェスティバル2018」が10月4日、そごう神戸店(神戸市中央区小野柄通8、TEL 078-221-4181)本館9階催会場で始まった。

「もふもふ堂」イラストレーターのよひなよしかずさん

 そごう神戸店の三宮出店85周年を記念して行う同イベントは、神戸市交通局、神戸新交通、JR西日本、阪急電鉄、阪神電鉄が協力し「三宮の魅力発信と利用促進」を目的に開催。子どもから大人までが楽しめる体験型イベントなどを展開し、プラレールや文具などの鉄道グッズ、鉄道5社局のオリジナルグッズ、運行標識、行先表示板、つり革など、鉄道ファン垂涎(すいぜん)のグッズ販売も行う。

[広告]

 会場では、4メートル×6メートルのジオラマでNゲージの運転体験ができる「Nゲージ鉄道模型運転体験」、運転台に座って方向幕や車掌マイクの操作体験ができる「阪神電車 運転台モックアップ」、子どもたちが5社局の制服や制帽を試着して撮影ができる「駅長さんに変身!」などを展開する。

 ノスタルジックで優しい風合いの作品が人気の神戸在住アーティスト「もふもふ堂」が描き下ろした三宮の街並みと鉄道が走る風景画を展示する「パネル展」も開催。そごう神戸店が三宮に出店した1933(昭和8)年当時と現在の風景を描いた作品「三宮の駅前と阪急電鉄」「三宮の交差点とそごう神戸店」、阪神電鉄の特急乗り入れ時と現在の風景を描いた作品「阪神電車 三宮駅」など8作品を飾る。

 初日に行われたオープニングセレモニーでは、主催するそごう神戸店の清水一夫副店長をはじめ、神戸市交通局の三宮管区駅長・柴山雅弘さん、神戸新交通の三宮駅長・山本良治さん、JR西日本の三ノ宮駅長・大山貴さん、阪急電鉄の神戸三宮駅管区統括駅長・橋本和寿さん、阪神電鉄の神戸駅管区駅長・池永幸資さんがテープカットを行った。

 5社局代表であいさつした橋本さんは「私共5社局の駅長は、それぞれ社は違うが『三宮をより多くの皆さまに愛される街にしていきたい』という思いは一つ。同じ目標を掲げ、5社局が一体となってまちづくりに取り組んでいく」と話した。

 開催時間は10時~20時(最終日は18時閉場)。入場無料(一部有料コーナーあり)。10月9日まで。