見る・遊ぶ

三宮で神戸在住イラストレーター企画の展覧会「MUSICART」 20人が参加

左から、「MUSICART(ミュージカート)」を企画した神戸在住のイラストレーター鞍あいみさん、ウエツキめりぃさん、モウエンさん

左から、「MUSICART(ミュージカート)」を企画した神戸在住のイラストレーター鞍あいみさん、ウエツキめりぃさん、モウエンさん

  •  

 神戸在住のイラストレーターによるコラボ展「MUSICART(ミュージカート)」が12月1日、神戸・三宮のフードバー&エンターテインメントスペース「Ageha Base(アゲハベース)」(神戸市中央区下山手通2、TEL 070-5436-4350)で始まった。

フォークシンガーの木下徹さんとシンガー・ソングライターの法橋ハジメさんのミニライブも

 2015年11月から毎年行われ、今回で4回目を迎える同展。「MUSICART」は音楽(music)と芸術(art)を組み合わせ名付けた。企画は、幅広いジャンルのイラストを手掛ける鞍あいみさん、水彩画とデジタルイラストを中心に活動するモウエンさん、コラム連載などジャーナリストとしても活動するウエツキめりぃさん。

[広告]

 今年のテーマは「十人十色」。4年目にして初めてメンバー以外の出展者をゲストとして迎え開催する。参加するのは、音楽評論家・湯川れい子さん、ラジオ関西アナウンサー・三上公也さん、スポーツイラストレーター・りおたさん、シンガー・ソングライター・法橋ハジメさん、フォークシンガー・寺山リウジさんのほか、17人。今年9月4日に亡くなったアーティスト・米田メロディさんの処女作「いちごちゃん」も特別展示する。

 初日はオープニングイベントとして、フォークシンガーの木下徹さんとシンガー・ソングライターの法橋ハジメさんによるミニライブが行われ、会場を盛り上げた。期間中は交代で作家が在廊し、展示作品のポストカード(1枚100円)などを販売する。

 「今回、初の水彩画にチャレンジした。デジタルの面白みとは違う筆筋や色の滲みなど原画でしか見ることができない部分も楽しんでいただけたら」と鞍さん。モウエンさんは「人生で何度も読み返した本のイメージをアクリルガッシュで表現した。知っている作品があればより楽しんでいただけるのでは」と話す。

 営業時間は18時~23時。作家在廊時間は22時まで(7日は不在、8日は12時~16時30分)。入場無料(チャージ500円+1ドリンク別途)。今月8日まで。