見る・遊ぶ

神戸のコンディショニング特化型ジム1周年 地域の掛かり付けトレーナー目指す

神戸初のコンディショニング特化型ジム「プラスコンディショニングス神戸北野」のコンディショニングコーチ・田中征博さん

神戸初のコンディショニング特化型ジム「プラスコンディショニングス神戸北野」のコンディショニングコーチ・田中征博さん

  •  
  •  

 神戸のステラルーチェ北野坂(神戸市中央区中山手通1)1階にある神戸初のコンディショニング特化型ジム「プラスコンディショニングス」(TEL 078-200-5522)が2月1日、1周年を迎えた。

「S・O・A・P(筋肉の健康診断)」の様子

 コンディショニングとは体を動かしながら体調を整えること。「鍛える前に自分の体を知り、何がコンディショニングを悪くする原因なのかを知ることでベストな状態に整えていくことができる」とコンディショニングコーチの田中征博さんは話す。

[広告]

 田中さんは、これまでにスポーツクリニック(整形外科)、スポーツ特化型の整骨院、パーソナルトレーニングジムの勤務を経験。中学硬式野球からプロ野球までのトレーニングにも関わってきた。その経験の中で「痛みのある部分を治すと同時に、再び同じ痛みが出ないための体作りをすることが大事なのでは」という思いが強くなり、医療(MEDICAL)と運動(TRAINING)を連携した体の調整(CONDITIONING)を行う同ジムを開いた。

 医療系国家資格者が一人一人の体に合わせたパーソナルメニューを作成し、コンディショニング特化型の民間トレーニング指導資格を有するスタッフが「痛みの解消」から「スポーツのパフォーマンスアップ」までをサポート。「S・O・A・P(筋肉の健康診断)」「ファンクショナルトレーニング(機能的な動作の習得)」「ボディコンディショニング(体調を総合的に整える運動プログラム)」の3本柱で、「動きの質」を高めていけるように導く独自のメソッドを提供している。

 田中さんは「パーソナルトレーナーがマンツーマンで行うため、どうしても料金のハードルが高くなってしまう。自分で体の癖や弱点を知り、痛みの原因が分かれば、ある程度個人でトレーニングすることができるようになると思うので、パーソナルトレーニングを終えた人がメンテナンスのために通える場が提供できればとも考えている。地域の掛かり付けトレーナーとして、皆さんの健康をサポートしていきたい」と話す。

 営業時間は10時~20時。日曜定休。入会金は2万円、登録料は3,000円。月会費は、パーソナル会員=2万8,000円、コンディショニング会員=4万8,000円。筋肉の健康診断=50分3,000円。体験=50分5,000円。

  • はてなブックマークに追加