見る・遊ぶ

神戸の元町高架下・モトコー2で切り絵展 「モトコーの今」、作品で記録

元町高架通商店街を作品で記録する切り絵作家の竹内明久さん

元町高架通商店街を作品で記録する切り絵作家の竹内明久さん

  •  
  •  

 切り絵作家の竹内明久さんによる個展「『犬の目、人の眼差し』発刊記念展」が9月13日から、神戸の元町高架通商店街モトコー2番街にある「プラネットEartH」(神戸市中央区元町高架通)内アートスペース「Pocket 美術函モトコー」で行われる。

「コンバースの聖地」と呼ばれる「柿本商店」はモトコー4に移転

 竹内さんは1951(昭和26)年、豊岡市生まれ。本職である編集者・コピーライターの仕事の傍ら、2010(平成22)年から故・成田一徹さんの切り絵教室に通い、切り絵を学ぶ。2011(平成23)年9月、竹内さんは大阪から同商店街にある「モトコータウン6」に事務所を移転。カメラマンの澤井明さんが主宰する「グルービースタジオ」1階オフェスの一角を借りて「波止場通信社」を設立したが、2018年1月に移転している。

[広告]

 2016(平成28)年1月、JR西日本から耐震補強・防火・防犯などの理由で商店街店主らに退去要請があり、空き物件から工事を進める計画が出される。同商店街は戦後の闇市をルーツとする説が最も多い商店街。竹内さんは「神戸の昭和遺産というべきモトコーの姿を、個性的な店主たちの息づかいとともに記録したい」と独自取材を始め、切り絵作品に文章を添えて残すことを決めた。

 竹内さんは作品を発表する場として2016(平成28)年に合同展「いま、モトコーは。(きり絵と百鬼伝説)」を同所で初めて行い、2017(平成29)年11月には個展「犬の記憶。人の眼差し。」を開催。今回は9月1日に発刊する竹内さんの切り絵作品と随筆集「犬の目、人の眼差し」(1,800円、A5判、118ページ)の記念として、約2年ぶりの個展を行う。

 会場には、前回の個展以降に制作した新作を中心に書籍未掲載の作品も含め、A4~A3サイズ約30点を展示予定。現在はモトコー4に移転した「コンバースの聖地」と呼ばれて全国からコンバースファンが訪れる「柿本商店」、2017年12月に退去した立ち飲み居酒屋「伊琥香」、2017年10月に退去した「SMの女王様」がいるというバー「こうもりだこ」、現在もモトコー4で営業するワープロ専門店「シンワ」などをモデルにした作品を展示する。

 作品はスマホなどで撮影可能。会期中、竹内さんは在廊し、書籍へのサインに応じるという(9月20日12時~14時30分は不在)。書籍は、展覧会場とジュンク堂書店(三宮店、三宮駅前店、神戸さんちか店)の「神戸の本」コーナーなどで取り扱う。

 竹内さんは「取材して書籍に掲載した30店のうち18店が移転や退去してしまった。商店街も生きものなので、古いものを永遠に残していくことは難しい。神戸らしいものや個性的なものがモトコーには残っており、できれば残してほしいという気持ちがある。自分ではどうすることもできないが、作品にすることで残すことができれば」と話す。

 開催時間は12時~19時(最終日は17時閉場)。入場無料。9月23日まで。

  • はてなブックマークに追加