食べる

三宮にフレンチ「ビストロスミモト」 魚メインに素材生かしたメニュー提供

兵庫の野菜と魚のフレンチの店「Bistro.Sumimoto(ビストロスミモト)」オーナーシェフの住本卓巳さん(中央)とスタッフ

兵庫の野菜と魚のフレンチの店「Bistro.Sumimoto(ビストロスミモト)」オーナーシェフの住本卓巳さん(中央)とスタッフ

  •  
  •  

 兵庫の野菜と魚のフレンチの店「Bistro.Sumimoto(ビストロスミモト)」(神戸市中央区下山手通2、TEL 078-777-6028)が神戸・三宮にオープンして1カ月が過ぎた。オープン日は8月1日。

「鮮魚のカルパッチョ盛り合わせ」

 オーナーシェフは、姫路出身で1973(昭和48)年生まれの住本卓巳さん。「新神戸オリエンタルホテル(現 ANAクラウンプラザ)」でフランス料理を13年間経験し、2004(平成16)年より東灘でフレンチの料理長を務めた。今回、初の独立開業となる。

[広告]

 店舗面積は10坪。席数はカウンター6席、テーブル8席、ペット同伴可能なテラス6席を用意し、最大14人の貸し切り利用にも対応。白と木目を基調とした店内はアットホームで温かみのある空間に仕上げた。テラス席の一角には、アーティストが同店をイメージし描いた絵画を飾る。店内は禁煙、テラス席は喫煙可。

 魚をメインに旬の有機野菜や肉など食材を生かした個性的なオリジナルメニューを用意。神戸西区にある「大村農園」の有機野菜や全国各地から旬の魚介類を仕入れ、但馬の鹿・イノシシなどを使ったジビエ料理なども提供する。

 ランチメニューは、住本シェフのお薦め日替わり料理を盛り合わせた「ワンプレートランチ」(1,500円)、グルテンフリーの対応した「アクリランチ」(1,800円)、「プチコースランチ」(2,800円)、季節のランチコース(5,000円、要予約)を用意。

 ディナーメニューは、「本日の鮮魚カルパッチョ盛り合わせ(2~3人前)」(2,000円)、「パテ・ド・カンパーニュ」(930円)、「タコとホタテ貝のしいたけ詰め エスカルゴ風」(500円)、「低温調理した和牛のステーキ(150グラム)」(3,650円)、「イワシのベッカフィーコ」(750円)など。シメはホテル時代から作り続けているという「シーフードピラフ」(720円)や手作りの「バスクチーズケーキ」(680円)などを用意し、事前予約でディナーコース(5,000円~)も提供する。15時~18時にはハッピーアワーを設け、生ビール290円、生ビールと一品セット500円で提供する。

 ドリンクは、ワイン(グラス=580円、ボトル=3,000円~)、シャンパン、スパークリング(グラス=800円、ボトル=3,400円~)、ビール(480円~)、日本酒(700円~)、焼酎(600円~)、カクテル(700円)、ウイスキー(600円~)、ソフトドリンク(400円~)などをそろえ、オーガニックの瓶入りソフトドリンク(700円)も用意する(以上、税別)。

 住本さんは「ソースをあまり使わず、素材の味を生かすように心掛けている。前菜盛り合わせは鮮魚だけでなくパテ・ド・カンパーニュ、生ハムなどのシャルキュトリーを好みで組み合わせることもできるので、気軽にリクエストいただければ」と話す。「日本酒のアテとしてフレンチを食べていただくのもお勧め。パンも東灘のベーカリーで当店用に焼いていただいたオリジナルなので料理に合わせて食べてほしい」とも。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時、ディナー=15時~22時(ハッピーアワーは15時~18時)。水曜定休。

  • はてなブックマークに追加