食べる 買う

神戸・鯉川山手のパティスリー「Cake Sky Walker」が1周年 地元客に愛される洋菓子店に

パティスリー「Cake Sky Walker(ケークスカイウォーカー)」店主の田中隆亮さん

パティスリー「Cake Sky Walker(ケークスカイウォーカー)」店主の田中隆亮さん

  •  
  •  

 神戸・鯉川山手にあるパティスリー「Cake Sky Walker(ケークスカイウォーカー)」(神戸市中央区中山手通4、TEL 078-252-3708)が3月12日、オープン1周年を迎えた。

「ギュスターヴ」

 店舗面積は11.5坪。ナチュラルな木目と白を基調としたシンプルで明るい店内に、色鮮やかなケーキが並ぶショーケースが目を引く。店名は映画の登場人物からインスピレーションを受け、語呂合わせと言葉の響きから付けた。

[広告]

 店主は神戸生まれ、神戸育ちの田中隆亮さん。神戸の有名店で修業後、大阪豊中市でパティスリーの立ち上げを経て、昨年独立開業を果たした。出店場所として高校卒業後から長年住んでいた鯉川筋の山の手(通称=鯉川山手エリア)を選んだ。オープンから1年がたち、約5割が地元客という。

 日替わりで合わせる果物やクリームが異なるチョコレートケーキ「ギュスターヴ」(520円)は、神戸で修業していたころのスペシャリテのレシピをベースにしている。「懐かしさも感じながら、日によって違う味の組み合わせが楽しめる」と常連客からも人気という。

 開店当時からの定番商品は、ミルクチョコレートとパッションフルーツのタルト「リュンヌ」(530円)、なめらかなベイクドチーズケーキ「ヴルーテ」(540円)、求肥(ぎゅうひ)にマロンと生クリームを包んだ「ル・モンブラン」(550円)など。

 ピスタチオクリームとアーモンドのしっとりとした生地にたくさんのイチゴを使った「フレジエ」、季節の果物を使った「ル・ショートケーキ」(以上550円)などの季節商品や、「キャラメルのパウンドケーキ」(200円)など手土産需要の高い焼き菓子もそろえる。予約限定でホールケーキの注文も受け付ける。

 田中さんは「今まで培ってきた経験とレシピをブラッシュアップしながら、シンプルで分かりやすい商品作りをしてきた。お客さまに支持されている味を守りつつ、これからは自由な発想で新しいケーキも作っていきたい」と話す。

 営業時間は10時~19時。

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019