食べる 買う

神戸・南京町で「エスニックナイト」 ゲストハウスとカレー店がコラボ企画

左から「神戸カレー食堂 ラージクマール」店主の片山絢一さん、ゲストハウス「神戸なでしこ屋」マネジャーの向山亮太さん

左から「神戸カレー食堂 ラージクマール」店主の片山絢一さん、ゲストハウス「神戸なでしこ屋」マネジャーの向山亮太さん

  • 25

  •  

 「エスニックナイト on THE DECK」が9月11日・18日・25日、神戸・南京町にあるゲストハウス「神戸なでしこ屋」(神戸市中央区栄町通1、TEL 078-599-7305)の屋上スペース「THE DECK(ザ・デッキ)」で開催される。

「神戸カレー食堂 ラージクマール」店主の片山絢一さん

 7月に開設された、世界のビールで海外気分を味わえる同スペース。オープンの経緯について、同施設マネジャーの向山亮太さんは「海外旅行が難しい時期なので世界のビールを開放的なデッキで楽しんでもらい、少しでも海外気分を味わってほしい」と話す。「日によってさまざまなテーマを設定することで、より海外気分を味わっていただきたい。今回は南アジアをテーマに企画した」という。

[広告]

 神戸・トアウエストのカレー店「神戸カレー食堂 ラージクマール」(北長狭通3)とのコラボ企画で、南アジアのビールと南アジアをテーマにした同店のカレー2種を販売。カレーは3日間違う種類を用意する。

 11日=南インドをテーマにした「南インド風チキンカレー」「チャナマサラ」、18日=スリランカをテーマにした「スリランカ風レンズ豆カレー」「ホタテカレー」、25日=北インドとネパールをテーマにした「サグカレー」「マトンキーマ」(以上500円)。

 ビールは、南アジアから取り寄せた各国のビール(500円)をはじめ、計13カ国のビールを用意。エスニック風ターバンの販売や体験ブースも用意する。

 向山さんは「船上をイメージした開放的な屋上で、南アジアへ旅行をしているような気分を味わってほしい。当日はカレーとビールの販売以外にも、お楽しみブースや映像、音楽での演出も予定している。女性のお客さまにはインドの女性がおでこに着ける『ビンディ』をプレゼントする。エスニック気分を味わいにお越しいただければ」と話す。

 開催時間は18時30分~22時。荒天延期。入場料は2,000円(当日使える1,500円分の金券付き)。チケットは9月4日から「神戸なでしこ屋」「THE DECK」「神戸カレー食堂 ラージクマール」で販売する。入場定員は15人。時間内は入退場自由。