見る・遊ぶ 買う

神戸・元町6丁目商店街で節分イベント 鬼面フェースシールド販売も

主催者、左から亀井堂総本店の松井隆昌さん、元町6丁目商店街の片山喜市郎さん、有馬康人さん、モビマルの緒方謙一さん、有馬芳香堂の池山拓弥さん

主催者、左から亀井堂総本店の松井隆昌さん、元町6丁目商店街の片山喜市郎さん、有馬康人さん、モビマルの緒方謙一さん、有馬芳香堂の池山拓弥さん

  • 217

  •  

 節分イベント「Fuku wa Uchi(フクワウチ)」が1月31日、神戸・元町6丁目商店街(神戸市中央区元町通6)と「きらら広場」(相生町1)で初開催される。

節分イベント「Fuku wa Uchi」フライヤー

 発起人は、豆類やドライフルーツを取り扱う食品メーカーで今年創業100年を迎える「有馬芳香堂」(加古郡)。同社取締役の有馬康人さんは「近年、節分に豆まきをする人が減ってきており、このままでは室町時代から続く日本の伝統文化が風化してしまうと危機感を持っていた。老舗の豆屋として、今の時代に合わせた新しい豆まき文化を神戸から発信したい」と意気込む。

[広告]

 元町6丁目商店街で革小物・革製品の店「STUDIO KIICHI(スタジオキイチ)」、キッチンカー事業を展開する「モビマル」に声を掛けたところ賛同を得て、イベント開催が実現。イベント名「Fuku wa Uchi」には「新しい形の豆まきを通して人のつながり『wa=輪』を醸成し、神戸に『Fuku=幸福』を呼び込む」との思いを込めた。

 当日は、生田神社で祈願した福豆を有馬芳香堂が無料配布(数量限定)し、安全にまくことができる「豆まきスポット」を用意。オリジナル鬼面フェースシールド製作キット(500円)の販売も行う。

 フードは、ギョーザ専門店「オレギョ」、移動式ダイニング「ソソルキッチン MARU TO MARU(マルトマル)」のキッチンカーが出店し、豆を使ったギョーザ、「淡路鶏と福豆のトマト煮込みバゲット付き」などを販売する。亀井堂総本店は節分限定の「豆煎餅(せんべい)」を販売する。

 有馬さんは「節分は無病息災を願う行事として続いている。今、大変な世の中だからこそ、豆まきを通して健康や笑顔を届けたい。お子さまから大人まで楽しんでもらえたら」と話す。

 開催時間は11時~16時。