見る・遊ぶ

神戸どうぶつ王国でビントロングの双子赤ちゃん一般公開

「神戸どうぶつ王国」で公開しているビントロング双子の赤ちゃん

「神戸どうぶつ王国」で公開しているビントロング双子の赤ちゃん

  • 514

  •  

 神戸ポートアイランドの全天候型対応施設「神戸どうぶつ王国」(神戸市中央区港島南町7、TEL 078-302-8899)で5月14日、ビントロングの双子の赤ちゃんの一般公開が始まった。

ビントロングの母親・ルナと双子の赤ちゃん

 ジャコウネコ科で別名「クマネコ(熊猫)」とも呼ばれる「ビントロング」。インドネシア・インド北部・ネパールなどの森林に生息し、単独もしくは数頭から成る小規模な群れを形成して生活している。ジャコウネコ科では最長の尾を持ち、器用に使い高い木を移動する。夜行性で昼間は木の洞(うろ)などで休むことが多い。

[広告]

 ビントロングの父親はガンダン、母親はルナで、2018(平成30)年に同園で初めて3つ子が誕生。今回が3回目の繁殖となる。双子の赤ちゃんは3月23日に誕生し、現在の体重は生まれた時に比べ3倍以上になっている。

 展示場所は「アジアの森」エリア。現在は13時~16時と公開時間を決めて、ルナとの親子展示を行っており、それ以外の時間はガンダンのみの展示となっている。動物の体調により予告なく内容が変更・中止になる場合がある。

 飼育スタッフの上田彩音さんは「好奇心旺盛な赤ちゃんたちは、木登りをするなどいろいろな物に興味津々で、心配した母親が赤ちゃんたちを見守る様子もしばしば見受けられる。最近では歯が生え始め、母親が食べているものが気になるようで、少しずつだが親と同じ物を食べるようになっている」とほほ笑む。

 開園時間は10時~16時。火曜・水曜・木曜休園。入園料は、大人(中学生以上)=1,800円、小学生=1,000円、幼児(4~5歳)=300円、シルバー(満65歳以上)=1,300円。緊急事態宣言などにより開園時間・休園日を変更する場合がある。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース