暮らす・働く 学ぶ・知る

神戸・KIITOで「公民連携」の成果報告会 事業者によるクロストークも

2022年度のCO+CREATION KOBE Project採択者によるクロストークの様子(写真提供=神戸市)

2022年度のCO+CREATION KOBE Project採択者によるクロストークの様子(写真提供=神戸市)

  • 3

  •  

 神戸市の民間提案型事業促進制度 「CO+CREATION KOBE Project」の2023年度成果報告会が3月11日、「デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)」(神戸市中央区小野浜町)KIITOホールで開催される。

2023年度成果報告会のバナー

[広告]

 民間事業者の技術やノウハウ、知識を生かし、行政課題や神戸市の地域社会が抱える課題の解決につながる取り組みに対して費用の一部を支援する同制度。これまでも採択事業者による報告会を毎年度末に行ってきたが、今年は「広く一般の企業・団体にも開かれた」報告会として開催することになった。

 報告会では、2023年度に採択された14事業者がそれぞれ成果報告を行うほか、「全ての人に健康と福祉を」「質の高い教育をみんなに」「住み続けられるまちづくりを」の3つのテーマに沿った複数事業者によるクロストークを開催し、神戸の地域課題・社会課題に対して民間事業者がどのように向き合うことができるかを議論する。クロストーク終了後は、参加者による交流会も開催。

 神戸市企画調整局産学連携推進課の勝美麻央さんは「CO+CREATON KOBE Projectは、神戸市が長年取り組んできた公民連携の取り組みとしてユニークだと思う。神戸をフィールドとして地域課題解決に取り組んでいる人、関心のある人にぜひ参加してほしい」と話す。

 開催時間は14時~16時30分。参加無料。申し込みは神戸市公民連携ポータルサイトで受け付ける。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース