神戸「みなとのもり公園」防災イベント-炊き出しやキャタピラー競争も

防災のテーマパーク「イザ!カエルワールド!」

防災のテーマパーク「イザ!カエルワールド!」

  •  
  •  

 みなとのもり公園(神戸市中央区小野浜町)と旧神戸生糸検査所(同)で10月23日・24日、防災のテーマパーク「イザ!カエルワールド!」が開催される。主催は「神戸からの発信ネットワーク」、神戸市。

 同イベントは同ネットワークが2006年4月の設立以来行ってきた「震災の経験・教訓」「これからの神戸づくり」を発信する事業の総括として行うもの。子どもから大人まで楽しみながら防災について学ぶ同イベントでは「そだてて つなげて ひろげて KOBE」をテーマに展開する。

[広告]

 メーンイベントとして、世界の炊き出し料理を体験できる「世界のTAKIDASHI(炊き出し)フェア」を行う。数量限定で1食200円。「一流の料理人を呼んでレシピも公開する。神戸の食文化の幅の広さを知ってほしい」(同ネットワーク副代表の曹さん)と、メキシコや韓国、フランスなど11カ国16ブースを出店する。

 ほかにも北京オリンピックリレー種目で銅メダルを獲得した朝原宣治選手や消防士も参加する「BOSAI(防災)ワールドカップ」では、「火事になったらできるだけ低い姿勢で逃げる」ことを体感するために、段ボールで作ったキャタピラーでの競争など子どもも楽しめる工夫が施されている。そのほか、アウトドアテントや災害用シェルターを体験できる「BOSAI(防災)デイキャンプ」や、国内外から防災に関するゲームを集めた「世界の防災ゲーム展」なども行う。

 同ネットワークの都築さんは「15年目を迎え、風化しつつある『阪神・淡路大震災』を、神戸市は伝えていかなければいけない。防災を楽しく学べるイベントなので、子どもたちと一緒に親御さんも一緒に楽しんで防災について学んでほしい」と話す。

 開催時間は11時~18時。荒天中止。同イベントではサポートスタッフを募集している。問い合わせはNPO法人プラス・アーツ(TEL 06-4400-6108)まで。

  • はてなブックマークに追加