3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

兵庫県公館で雅楽演奏会-神戸・清盛隊もゲスト出演

生田神社巫女(みこ) 神楽「浦安舞」

生田神社巫女(みこ) 神楽「浦安舞」

  • 0

  •  

 兵庫県公館(神戸市中央区下山手通4)大会議室で11月23日、雅楽演奏会「日本の音楽『雅楽』演奏会~平安の世より平成の世へ~」が開催される。主催は生田雅楽会。

イベントのフライヤー

 同会は、元宮内庁楽師の故・岡正雄さん指導の下、1989年に発会。会員は現在約80人で、神社関係者のほか、学生、会社員、自営業、主婦などさまざまな人が集まり練習している。中には定年退職後の趣味として参加する人も。主な活動は毎年9月に開催する雅楽演奏会「雅楽の夕べ」をはじめ、県内外での催し物への参加、ドイツ・カナダ・エストニアなどでの海外公演など。 

[広告]

 今回は、神戸ビエンナーレの会期中、チャペルや神社などの普段は演奏会場でない場所で行う音楽イベント「神戸ビエンナーレ2013 まちなかコンサート」の一環として開く。

 当日は、生田雅楽会・生田神社巫女(みこ)による神楽、管絃、舞楽のほか、女人舞楽「原笙会」(賛助出演)による舞楽を展開。ゲストに神戸・清盛隊も出演し演舞を披露する。

 同会事務局の酒井康博さん(生田神社権禰宜、兵庫県神社庁雅楽講師)は「兵庫県公館という伝統的な素晴らしい場所で演奏会を開催できることを光栄に感じ、『女人舞楽・原笙会』『神戸・清盛隊』を迎え素晴らしい会にしたい。わが国の伝統音楽と舞、神戸の新しいパフォーマンスをお楽しみいただければ」と話す。

 開催時間は14時~16時。料金は2,000円(ビエンナーレ2013入場券付き、収益の一部を東北支援チャリティーとする)。全席自由。定員450人。問い合わせは生田神社社務所(TEL 078-321-3851)の酒井さんまで。

  • はてなブックマークに追加