食べる 買う 暮らす・働く

「クレフィ三宮」が大規模改装 ビームスなど新規出店、授乳室など設備充実も

京町筋に面する建物外壁を一新

京町筋に面する建物外壁を一新

  • 0

  •  

 神戸・三宮のファッション&ダイニングスポット「クレフィ三宮」(神戸市中央区三宮町1、TEL 078-335-1003)が4月25日、リニューアルオープンした。対象フロアは地下1階~地上5階。

5階のパウダールーム

 阪神・淡路大震災で倒壊しさら地となっていた商業施設の跡地に、2004年10月にオープンした同施設。仏語で「鍵・手がかり」を意味する「Clef」と「そこで・そこに」を意味する「y」を組み合わせた「Clefy」は、三宮復興の「鍵」を握る施設、新しい自分を発見する「手がかり」になる施設になればという思いを込めて営業してきたという。昨年10月にオープンから10年、震災から20年目の節目を迎えた今年。復興を遂げた三宮のさらなる活性化と「ご愛願いただいた皆さまへの感謝の気持ち」を込め、リニューアルを決めた。

[広告]

 リニューアルはオープン以来。20~30代をリードする人気の大型ショップをはじめ、ファッション・スポーツ・雑貨・カフェなど、地元市民のライフスタイルに合わせた「上質でカジュアルライクな高感度商業施設」を目指す。

 京町筋に面する建物外壁は、モノトーン調タイルで「ゲート」を強調したデザインにイメージを一新。エントランスには、質感のある木目調の幾何学模様を採用した。共有スペースである5階パウダールームを「Ladies room Reposer(レディース ルーム ルポゼ)」と名付け、充実した設備に改装。白を基調とした空間にグレーを用い、「まるで自分の部屋にいるような居心地の良い、安らぎの空間」を演出したという。

 新規テナントは、地下1階・地上1階=メンズ・ウィメンズカジュアルウエア・マタニティーウエアや神戸初の「こどもビームス」の取り扱いも行う「BEAMS(ビームス)」、3階=神戸初のCAFE併設店でもあるライフスタイルを提案するセレクトショップ「URBAN RESEARCH DOORS(アーバンリサーチドアーズ)」、4階=VANSを中心としたスニーカー&アパレル「ABC-MART VANS(エービーシー・マート ヴァンズ)」、5階=1984年創業時よりアメリカンカジュアルをベースとしたファッション&グッズ「KNOCK OUT(ノックアウト)」。

 同施設を所有する安田不動産関西支店の課長代理・新宮雄太さん(リニューアルのプロジェクトマネジャー)は「オープン当初、よく来店いただいていた方にもまた来ていただけるようターゲットの年齢の幅も広げ、男性向けや子ども服などのショップなども集めた。授乳室の機能も充実し、安心して利用いただけるようになっている」と話す。「普段使いのできる『三宮センター街』とちょっとおしゃれして買い物に行く『旧居留地』の間に位置しているので、うまく三宮の人の回遊性にもつながれば」とも。

 営業時間は、ショッピング&サービス&カフェ=11時~21時、ダイニング=11時~23時。

  • はてなブックマークに追加