3密を避けて新しい生活様式へ!

買う 学ぶ・知る

ECメーンの中古衣料店「KAJUの木」、神戸で初の実店舗 チャレンジ出店経て

中古衣料販売店「Used Select Shop KAJUの木」店主の井芹和昭さん(右)

中古衣料販売店「Used Select Shop KAJUの木」店主の井芹和昭さん(右)

  • 0

  •  

 神戸・元町高架商店街三番街(通称=モトコー3番街)にある中古衣料販売店「Used Select Shop KAJUの木」(神戸市中央区元町高架通、TEL 078-381-8873)がチャレンジショップ期間を経て12月1日より本格的に常設店舗としてオープンした。

店内の様子

 同商店街内では、開業を考えている人への後押しとして「空き店舗 チャレンジショップ」事業を実施。同店は、9月5日~11月30日の約3カ月間、チャレンジショップとして開業体験し12月以降も営業継続を希望した。

[広告]

 もともとアパレル業界で企画・製造に携わっていたという店主の井芹和昭さん。その後、さまざまな職種を経験した後、中古衣料販売を本格的に行うために脱サラした。これまでは常設店舗を構えず、加西市を拠点にネット販売メーンで行っていた同店。販売している商品を「実際に見てみたい」「店舗で販売してほしい」という声が客から寄せられていたこともあり、同事業の募集をきっかけに事務所兼実店舗のオープンを決めた。

 店舗面積は18平方メートル。洋服が好きという井芹さんがセレクトにもこだわり、店内には「明日、これ着よ」と思ってもらえるようなメンズ&レディス国内ブランド品やスポーツウエアなどの中古衣料を並べる。「神戸では中古衣料が想像以上に高く売られていることに驚いた」と井芹さん。質の良いものをリーズナブルな価格で提供することで商品の回転を良くし、いつ来店しても新鮮な品ぞろえになるように心掛けているという。同店のネットショップで販売している商品も実際に手に取って見ることができる。

 井芹さんは「お客さまからの要望にもできるだけお応えするようにしており、ありがたいことにリピーターのお客さまが少しずつ増えている。これまでに古着を買ったことがないという古着初心者の方にも気軽に来店してもらいたい」と話す。「以前、取引のあった繊維メーカーの協力を得て、将来的にはオリジナルブランドのシャツなどを作りたい」とも。

 営業時間は13時~17時(金曜・土曜・日曜・祝日は18時まで)。木曜定休。

  • はてなブックマークに追加