見る・遊ぶ

神戸の温泉施設に「SUPヨガ」講座 神戸港望むプールでレッスン

サーフボード状の専用ボードの上でヨガ

サーフボード状の専用ボードの上でヨガ

  •  
  •  

 新港第一突堤用地の温泉施設「神戸みなと温泉 蓮(れん)」(神戸市中央区新港町、TEL 078-381-7000)が8月13日、「SUP(サップ)ヨガ」の定期レッスンを始めた。

 「SUP」は「Stand Up Puddle board」の略称で、「SUPヨガ」はサーフボード状の専用ボードの上で行うヨガを表す。同施設スタッフによると、陸上で行うヨガに比べ体幹への運動効果が高く、波の揺らぎでより深いリラックス効果を得られるという。「多くは海の上で行うが、当施設ではプールで行うため、未経験者にも向いている」とも。

[広告]

 広報担当者の「ラスイート」佐藤隆英マネジャーは「夏季は神戸港を望む混浴温泉プール『オーシャンスパ』で行うので、港の景色を楽しみながらヨガを楽しんでいただける。基本的なポージングを中心としたレッスンのため、未経験者でも安心して体験してほしい」と呼び掛ける。

 レッスンは現在、週2回で、レッスンの定員は5人。料金は、平日=5,000円、土曜・日曜・祝日=5,400円(入館料・プール利用料・ドリンク1杯サービス料などを含む、税別)。

 9月末までの実施スケジュールは同施設公式サイトで確認できる。

  • はてなブックマークに追加