見る・遊ぶ

神戸・北野異人館「うろこの家」のイノシシ像 年賀状の撮影スポットに

神戸北野異人館「うろこの家」の庭にあるブロンズ製のイノシシと記念撮影

神戸北野異人館「うろこの家」の庭にあるブロンズ製のイノシシと記念撮影

  •  

 神戸北野異人館「うろこの家」(神戸市中央区北野町2)の庭にあるブロンズ製のイノシシが現在、年賀状の撮影スポットとして人気を集めている。

金色に輝くポルチェリーノの鼻

 鼻をなでると幸運に恵まれるという言い伝えが古くからあるカリドンのイノシシ(愛称=ポルチェリーノ)。幸せのパワースポットにもなっているポルチェリーノの鼻は、訪れた多くの人がなでるため磨かれて金色に輝いている。

[広告]

 来年の干支(えと)が亥(いのしし)であることから、書道家が書いた「謹賀新年」「亥」の文字プレートを用意。年賀状で使う写真を撮影できるようにした。

 異人館うろこの家グループ企画・広報ディレクターの崎原朝香さんは「猛進する2019年に向けて、ピカピカに光る鼻と共に記念撮影していただければ」と話す。

 開館時間は9時30分~17時。単館入場券は、大人=1,050円、小人(小学生以下)=200円。問い合わせは「異人館うろこグループ」オペレーションセンター(TEL 0120-888-581)まで。

 同ブロンズ像のオリジナルはルネサンス後期の彫刻家・ピエトロタッカによって制作され、フィレンツェのメルカートフオヴォにある。