見る・遊ぶ

六甲山で兵庫県初ドライブインフェス コロナ禍に新しい形で

会場となる六甲山カンツリーハウスの外観

会場となる六甲山カンツリーハウスの外観

  • 41

  •  

 ドライブイン形式の野外音楽イベント「Rainbow Days Kobe 2020 - Drive In FEStival -」が10月31日、六甲山カンツリーハウス(神戸市灘区六甲山町北六甲)特設会場で行われる。

出演アーティスト

 ソーシャルディスタンスを保った環境で行う音楽フェスとして兵庫県初開催の同イベント。「新型コロナウイルスの影響を受ける音楽業界、飲食業界を盛り上げたい」と、神戸でさまざまなイベントの企画・運営を手掛ける「バニラシティ」「U」(中央区小野浜町1)が企画した。

[広告]

 車両ごとにプライベートスペースを設け、キャッシュレス決済の導入や、フードのデリバリーなど、不特定多数との接触を避けるよう工夫を施す。来場者のテーブルやチェア持ち込みにも対応し、デイキャンプのような雰囲気で音楽フェスを楽しむことができる。

 当日は、「LIBRO」「JING TENG(from JAMDUNG)」「NONAME’S」など関西を拠点に活動する音楽アーティストのほか、「troop」「studio Bapple」「nagomibar」「NICEGROOVE」など神戸のクラブシーンを代表するDJが出演する。この日のために結成されたダンスユニットによるショーなども予定している。

 会場では、神戸の飲食店やキッチンカーがフードやドリンクを販売する。出店は、「きぬや」「Nick(ニック)」「nomadika(ノマディカ)」「cartering cafe マーニ」「ソソルキッチン MARU TO MARU(マルトマル)」など。フード注文はアプリで受け、スタッフが各車両まで届ける。

 発起人は森田敦雄さんと高橋裕子さん。森田さんは「こんな時だからこそ、神戸の街を盛り上げたいと企画した。キャッシュレス決済やデリバリーなど、新たな試みも考えている。大切な仲間や家族で、デイキャンプのように自然を感じながら自由なスタイルで音楽を楽しんでもらいたい」と話す。

 開催時間は12時30分~19時(11時開場)。入場料は車両1台につき1万円(車両以外での来場不可、要別途「六甲山カンツリーハウス」入場料=中学生以上700円、4歳~小学生350円など)。チケットは前売りのみ。公式サイトで販売している。