食べる 買う

神戸・元町三丁目商店街の老舗和菓子店がSNSキャンペーン

和菓子店「京菓子 二つ茶屋」販売員の奥田広典さん

和菓子店「京菓子 二つ茶屋」販売員の奥田広典さん

  • 27

  •  

 神戸・元町三丁目商店街(神戸市中央区元町通3)が4月1日から、「SNSプレゼントキャンペーンvol.4」を開催する。

和菓子ケーキ(上用デコレーション)

 新型コロナウイルスの影響で昨年、にぎわい創造を目的とする恒例イベントは中止に。毎年イベントを楽しみにしている人やこれまで元町商店街に足を運んだことがない人に向けて、同商店街の店主たちが「イベント以外で何かお返しができないか」と10月から公式SNSを使った同キャンペーンを始めた。

[広告]

 これまでに同商店街にある和洋菓子店「本高砂屋 元町本店」、洋菓子店「神戸風月堂 元町本店」、刃物専門店「切味乃家」が参加し、プレゼントを用意。多くの人が参加し、好評を得ているという。

 4回目となる今回は、1934(昭和9)年創業の和菓子店「京菓子 二つ茶屋」が参加する。同店は1階では土産・贈答・おやつとして、スイートポテト&パイの神戸っ子、献上菓の菊襲(きくがさね)、六甲山(煎餅)などの手作り和菓子を販売。2階の茶寮では、アイスクリームの天ぷら、抹茶と季節の生菓子などを提供している。

 4月1日~7日は同商店街と同店のインスタグラムアカウントをフォローし、該当投稿に「いいね!」することで応募することができ、抽選で3人に和菓子ケーキ(上用デコレーション)を進呈。8日~14日は同商店街のツイッターアカウントをフォローし、該当ツイートをリツイートすることで応募することができ、抽選で5人が茶寮で「アイスクリームの天ぷら」とコーヒーもしくは紅茶を飲食できる。それぞれ、店頭引き換えできる人が条件。当選通知は、当選した人にのみ公式アカウントからダイレクトメッセージを送る。

 同店販売員の奥田広典さんは「今回は、商店街に『春が来た』というイメージで、上用の台に緑と桃色のキントンでデコレーションした。桜の花、葉、イチゴを飾り付けて春の景色を表現している。元々はアレルギーを持つお子さまの誕生祝いにと始めた商品。今回は小麦粉を使っているが卵は使わずに作っている。商店街に足を運んでいただくきっかけになれば」と話す。「意匠は変わるが、卵、小麦粉の両方を使わない商品も別注で用意できる」とも。

 営業時間は9時30分~17時30分(水曜のみ17時まで)、喫茶寮=10時~18時。茶寮のみ水曜・木曜定休。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース