食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

神戸・岡本のシェアキッチンで大豆を使ったランチ会「フムフムランチ」

育てた無農薬大豆を収穫する「Soy Circle」メンバー

育てた無農薬大豆を収穫する「Soy Circle」メンバー

  • 7

  •  

 大豆を使った料理のレクチャーなどを行うランチ会「Vol.1 フムフムランチ」が12月11日、神戸・JR摂津本山駅近くのシェアキッチン「ヒトトバ 岡本店」(神戸市東灘区岡本1)で行われる。

越智良典シェフ

[広告]

 主催は、ビジネスやイベントの設計・戦略・デザイン・実行を主事業に、「人に喜んでもらうことが何より大好き」という企画会社「Onice(オニス)」。2016(平成28)年から同社が取り組んでいるプロジェクト「Soy Circle(ソイ サークル)」の一環として企画した。毎週土曜にオーガニック野菜を食べるイベント「Saturday! Organic!」を同所で行っている「Organic House(オーガニックハウス)」とのコラボ企画として行う。

 同プロジェクトは、大豆を「育て・つくり・食べる」ことにより、人と大地のつながりを体験するというプログラムで、メンバーが育て、今年収穫した無農薬大豆を使ったコースランチを食べながら、家庭で作ることができる大豆を使った料理のレクチャーを受けることができる。ランチ会企画は今回が初めて。

 同イベントでは、「素材・味・盛り付け全てにこだわりを持つシェフ」と呼ばれている越智良典シェフがコースを手掛ける。越智シェフは、有機野菜を使った商品を全国流通させるなど、幅広く活動している。今回、越智シェフがレクチャーする料理はひよこ豆の代わりに大豆で作る「フムス」。

 「オニス」代表の森田順子さんは「農業体験、豆腐などを作るワークショップ、季節ごとに大豆と旬の食材を食べる場を通じ、自分たちが食べているものを知り、食を楽しみ感謝する機会になれば」と話す。「農業体験は6月から12月、そのほかのイベントは定期的に開催を予定している。活動内容は公式サイトで紹介しているので、ご覧いただければ」とも。

 開催時間は、1部=11時~12時30分、2部=13時~14時30分。参加費は3,500円(コースランチ、レクチャー代、持ち帰り用大豆を含む)。各回定員15人(大人向け、事前予約制、先着順)。申し込みは「Soy Circle」公式サイトで受け付ける。締め切りは12月7日。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース